コロナ ウイルス 飲食 店。 飲食店と「コロナ」の戦いは終わらない。日本フードサービス協会に聞く外食業界の実情

【飲食店/サロンetc.事業者様向け】新型コロナウイルス対策関連ポスターを無料配布!保存&印刷OK

コロナ ウイルス 飲食 店

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新型コロナウイルスの影響に苦しむ飲食店などに客足を取り戻そうと、甲府市の「銀座通り商店街」がアーケードにテラス席を設ける準備を進めている。 緊急事態宣言が解除され、工夫を重ねても売り上げは伸びない。 規制緩和も追い風に、「3密」を避けた試みに挑む。 「状況はひどい。 毎月数十万円の赤字が続いている。 飲食店は、みんな苦しんでいる」 居酒屋「フラン軒」の石松利行店長は頭を抱える。 新型コロナの影響で休業し、3月から昼間だけ宅配のカレー販売を始めたが、焼け石に水だ。 「若い人は少しずつ戻ってきているが、『おじさん』は不安がっている。 元々、人口が減ってだめだった。 このままでは終わってしまう」と危機感は強い。 商店街には飲食店が15軒ほどあるが、状況はどこも厳しい。 アーケードを管理する商店街協同組合の中川良治理事長は「店内に人がいると、敬遠してしまう客は多い」と話す。 現状を打開しようと、商店街は先月から、いすやテーブル、ワゴンを外に出し、テラス席を設ける道を合同会社「まちづくり甲府」と探ってきた。 路上営業なら感染リスクを下げられるからだ。 そこに法律の問題が立ちはだかった。 道路を管理する市、警察との協議は思うように進まなかった。 しかし、国土交通省が今月、新型コロナ対策として、道路法の占用許可基準を期間限定で緩和すると発表。 市、まちづくり甲府と共同で、来月にも社会実験として始められるめどが立った。 アーケードの道幅は約7メートル。 計画では、中央部分に約4メートルの歩行スペースを確保し、点字ブロックを邪魔しない配慮もする。 ランチ(飲食は午前11~午後2時)とディナー(同午後5時半~10時)の時間帯に限定し、日中は店外でアルコール類を提供しない。 清掃にも商店街側が協力する予定だ。 「アーケードがあるので雨が降っても大丈夫。 安心して飲食できる環境が整えば、客足が戻るかもしれない」と中川理事長はスタートを心待ちにする。 市商工課の担当者は「こうした取り組みは全国の先駆け的な動きになる。 条件が整えば他の商店街でも実現できるので、興味があれば相談してほしい」と呼びかけている。 (永沼仁).

次の

コロナで飲食店の売上半減!経営者はどうやって苦境をしのいでいるか

コロナ ウイルス 飲食 店

新型コロナウイルスの影響で観光客が減少し、閑散とする浅草の雷門通り=13日、東京都台東区 新型コロナウイルスの感染拡大で街の飲食店が大きな打撃を受けている。 政府の会食自粛要請もあり、東京・浅草など観光地をはじめ各地の繁華街でも人出はまばら。 飲食店経営者からは「来店ゼロの日もある」「絶望的だ」といった悲鳴が上がっている。 運転資金融資を得て急場をしのぐ考えだが、感染拡大の収束が見通せない状況に事業継続への不安は募るばかりだ。 「30年間、こんなことはなかった」。 札幌市でバーを営む50代男性はこうつぶやいた。 北海道による2月末の緊急事態宣言以降、客足は急減。 3月の売り上げは前年同月比7割減の見通しだ。 数日で融資を受けられるサービスを活用して運転資金を確保したが、「いつ完済できるか分からない」と窮状を吐露する。 実際、資金繰りの不安は急速に広がっている。 日本政策金融公庫によると、1月末に設置した相談窓口に寄せられた資金繰りに関する相談件数は今月に入り急増。 15日までの1週間で3倍近く増え、3万5579件に達した。 長野県塩尻市の40代の飲食店経営者は「団体予約が全部キャンセルとなった」と嘆く。 消費税率の引き上げで客足が落ちていた上に、春のイベントの延期・中止が相次ぎ、「新型コロナの影響で被った損失を取り戻すのには時間がかかる」と表情は暗い。 一方、製造業への影響は、今後色濃くなりそうだ。 東京都大田区の町工場関係者は「これから受注が減るかもしれない」と指摘。 同区では従業員3人以下の零細事業者が多く、経営者の高齢化も進む。 現状が長期化すれば、廃業が加速するのは必至だ。

次の

コロナで老舗飲食店・旅館が続々閉店 「もっと続けたかった…」

コロナ ウイルス 飲食 店

2020年6月14日 16:00 新型コロナウイルスの脅威にさらされ、飲食店や旅館が次々と廃業している。 人々から愛された老舗もその例外ではない。 老舗の焼き鳥屋「本家 藤よし」(福岡・福岡市)は約70年の長い歴史に幕を下ろした。 店長の早川鴻之輔氏(84)が話す。 「終戦後、満州から引き揚げてきた兄が屋台から始め、私が2代目を引き継ぎました。 元々お客さんが減っていたところにコロナが追い打ちをかけ、廃業せざるをえませんでした」 1979年創業の大衆居酒屋「酔の助」(東京・神保町)はバラエティ豊かな料理とレトロな雰囲気が人気で、『逃げるは恥だが役に立つ』などドラマのロケにもよく使われた。 店に立ち続けた店主の一山文明氏(66)は「もっと続けたかった」と悔しがる。 「1日40万円ほどあった売上が、4月に入るとたったの3万円に。 緊急事態宣言が出た前日の6日は、お客さんが2人で2900円。 諦めるしかなかった」 ほかにも、全国には断腸の思いで暖簾を下ろした名店、名宿は少なくない。 そうした名店の思い出の姿を、心に刻みたい。 酔の助(東京・神保町) 創業41年、映画・ドラマで何度も撮影された有名居酒屋。 閉店前日の5月27日、近隣店舗の仲間や常連客が次々と店舗を訪れ、店主・一山氏との別れを惜しんだ。 壁に貼られた名物メニューは150種類以上。

次の