かぼちゃ 帽子。 ハロウィンの工作で可愛い帽子の作り方

ハロウィンにぴったり!かぼちゃの帽子を画用紙で手作りしよう!

かぼちゃ 帽子

年に1度の楽しいお祭り、ハロウィンの時期がもうすぐやってきます。 ママ友やお子さんと一緒に仮装する予定を立てている方もいると思います。 今年は仮装のほかに、お子さんと一緒に工作をしてみませんか? 工作と聞くといろいろ準備が大変と思う方もいるかもしれませんが実はとても簡単にできるものがあるんです。 一緒に工作をして思い出を作りながら部屋に飾るハロウィングッズを作りましょう! ハロウィンのかぼちゃグッズを工作しよう ハロウィンのグッズを作るなら100均を活用しましょう。 工作に必要なものは大体揃える事ができます。 簡単に作れるおすすめグッズは手形のオバケ! 画用紙に白の絵の具で手形をつけます。 その手形にペンで顔を描くだけでオバケの出来上がり。 出来上がったオバケを飾ってもいいし、紙袋にオバケを作りプレゼント袋にしてもオリジナリティが出て可愛いです。 100均には他にもハロウィン柄のマスキングテープも置いてあるので、お家にあるものを飾り付けしてもいいと思います。 色つきの画用紙でも、オレンジ・黒・紫のハロウィンカラー3色があるだけで、グンとハロウィンを演出できますよ。 100均で売ってある、シンプルな白く太めのキャンドルと、赤いキャンドルを用意します。 赤いキャンドルに火を点けて、白く太めのキャンドルに、赤い蝋を垂らして、したたるような模様にしていきます。 それだけで、なんだかホラーちっくなハロウィンキャンドルが出来上がりです。 色を変えると、種類も増えて良いですよ! ハロウィンのかぼちゃアイテムを手作り時に用意するもの 帽子を作るのに必要な道具も100均で揃えることができます。 帽子に使うもの ・画用紙(黒、オレンジ) ・セロハンテープ(のり) ・ゴム紐 ・(はさみ) 基本的に必要なものはこれだけなんです。 また、出来上がった帽子にアレンジしてシールやスタンプを押したり、ペンで絵を描いたりするとオリジナルの帽子を作る事ができます。 帽子の色を変えて作るのも他の子と差がでておすすめです。 1、黒い方の画用紙を丸めて円錐形にします。 2、楕円形の円に合わせてドーナツ型に画用紙を切り帽子のツバを作る。 3、円錐形にした画用紙の下を1㎝程に切り込みを入れツバを裏からセロハンテープで留める。 4、オレンジの画用紙でかぼちゃの形を作り顔をペンなどで書きます。 5、それを帽子に貼り付ける。 6、両端に穴を開け、ゴム紐を通します。 これで基本的な帽子は完成です。 これから飾り付けをしたりしてオリジナルの帽子を作ってみましょう。 この帽子の作り方を覚えておけばハロウィンだけでなくいろんな行事に使うことができます。 もっと凝ったものも簡単に作れます。 最初から、100均でも売っている三角パーティー帽子を用意しておきます。 そこに、立体的にかぼちゃに見立てて画用紙を貼っていきます。 キットも売ってあるようですが、器用な方ならキットがなくても作れるのではないでしょうか。 お手本はこちらの動画です。

次の

ハロウィンの飾りはかぼちゃ!折り紙に挑戦!作り方・動画まとめ

かぼちゃ 帽子

こんな変な帽子を親の言うままに大人しくかぶってくれるのも今年までかな〜、と選んだかぼちゃ帽子。 目立つしお手軽仮装にぴったりだし、何しろこの滑稽さが可愛い。 ムスコは特別気に入った様子でもなかったけど、嫌がる事もなくかぶってくれたので安心していたら、イベントに行く道すがら突然、 「ぶんちゃんさぁ、もっとカッコイイハロウィンの帽子かぶりたかったなぁ・・・」とぽつり。 最近かっこばかり気にするウチのムスコ、もしかしてこの帽子が「かっこわるい」事に気づいたか? ぎくっとして、 「この帽子すごくカッコイイよ!」と取りなしたが、 「えー、これ、かっこよくないでしょぉ〜」と笑っている。 「かぶるのイヤなの?」と聞くと 「いやじゃない」と表情を変えずにそのままかぶって歩き続ける。 内心「これいや!」と急にかぶらないなんて言い出したら・・とヒヤヒヤしたが、「カッコ良くはないが、かぶるのはイヤじゃない」って事らしく、一安心。 2歳10ヶ月、親が思っているより男心は複雑のようだ。 祖師谷では目立っていたムスコの帽子も、イベントまっただ中の成城に到着すると、本格的な仮装をした大勢の子供たちの中にすぐに埋もれてしまった。 街をあげて行っているだけあってお菓子を配っているお店も多く、イベントは大いに盛り上がっていた。 ムスコは途中、ジャック・オー・ランタンの着ぐるみが怖くて近寄れなかったり、もらった風船が割れてしまい大泣きしたりもあったが、それでももらったお菓子を頬ばり、最後はゴスペルコンサートでノリノリに踊ってご機嫌で帰途についた。 さて、来年はどんな仮装をするか? 何にしても、もう親に言われるがままの格好はしてくれないだろうなぁと思うと、ちょっとさみしい。 9 selected entry.

次の

かぼちゃ帽子

かぼちゃ 帽子

これは、かぎ編みで作ったハロウィンかぼちゃです。 普通かぎ編みで作るかぼちゃは「細編み」という編み方で作っていきますが、そうすると、カボチャというよりミカンに近い、ただの丸いものができあがります。 もちろん、糸の引き締め具合を変えたり、中で糸を引いたりして、カボチャのあの独特なおうとつを出すことは可能ですが、初心者には大変ですし、ミカン状の丸いままではあまりかわいくありません。 そんなとき、上の動画を見つけました。 これは動画を見るとわかるように、カギ編みの「うね編み」という編み方で編んでいくのですが、うね編みというのは全然難しくありません。 また、「おぉ~!」と思ったのは、一般の常識(丸いものは、中心から広げる「輪編み」をして作る)を覆して、まずはうね編みで段々になった四角いシートを作るのですね。 だから、初心者に難しい「増し目」も「減らし目」もなく、ただただ四角く編んでいって、最後にそれを筒状にして、上下を絞る・・・という手法で作ります。 これは、すごい! 初心者に簡単なだけでなく、カボチャ特有のあのデコボコのすじのようなものが自然に表現されているのです。 それに、コロンとして可愛いし、これは一目で気に入ってしまいました。 (動画では仕上げに「ヘタ」部分も作っていますが、カボチャの帽子をかぶせる場合には、このヘタは作らなくて大丈夫です。 ) ハロウィンのカボチャの編みぐるみを上手に作るポイント 配色に注意 ハロウィンのかぼちゃを一目でそれとわかるようにするためには、やはり配色が大事です。 まずは定番の明るいビビットオレンジ色。 これをベースにしてみましょう。 何個か作るのであれば、少し明るさを抑えたり、茶色にしたり、黄色にしたり。 でも、定番のビビッドオレンジは忘れずに、これをメインにしてください。 綿の詰め方 中に詰める綿ですが、あまりパンパンにしてしまわないように注意しましょう。 かといって少なすぎるとしぼんでしまい、貧相に見えます。 綿の量は、カボチャが編みあがったところで、そのかぼちゃと同じか一回りくらい大きめの量を手に取って、それを編みぐるみの中に詰めていきます。 こういうハロウィン用のシールが楽天などでネット通販されていますので、利用すると簡単です。 また、黒いシールを同じようなデザインで切り取ってもいいですね。 ハロウィンかぼちゃの顔はフェルトで作る でも、どうせ黒いシールを自分で切るなら、フェルトにした方が編地に合います。 フェルトは100均などでも売っていますし、裏が粘着になっているシール式のものもあります。 これをうまく使っていきましょう。 アイロン接着のフェルトもありますが、このかぼちゃの表面はわざとでこぼこにしてありますので、アイロン接着はかえって難しいでしょう。 ふつうの黒のフェルトを目や口の形に切って、布地用ボンドで接着していくのが一番です。 糸でかがって補強する場合には、ふちをブランケットステッチするよりも、目の中心部分や口の要所要所をすくい縫いして、数か所止める程度がよいでしょう。 こちらも毛糸で編んでいきます。 色は、やはり「オレンジ」と「黒」。 これが一番ハロウィンぽいです。 この帽子は、てっぺんのとんがった方から輪編みをして広げていく、という作り方をします。 最初数目だった毛糸がどんどん広がっていくのは、編んでいてとても楽しいですよ。 途中の色変えも動画どおりにやれば簡単ですから、どんどんやってみましょう。 そして、最後の「帽子のふち」まで編んでいきます。 ハロウィンかぼちゃの帽子をかぶせる 帽子のふちまで編めたら、動画後半の底部分は不要です。 コーン状になった帽子の中に、適量の綿を詰めて、先ほど作ったオレンジかぼちゃの頭に乗せます。 このとき、まっすぐに帽子をかぶせても、ちょっと傾けてかぶせてもかわいく、そこはあなたのお好みでかぶせてあげてくださいね。 かぶせる位置が決まったら、オレンジ色の毛糸で、ちょうど帽子の色が変わっている部分(帽子のリボン飾りのようなオレンジ色の部分)と、かぼちゃ本体をかるくぐし縫いしてとめていきます。 ここは、しっかり縫いとめるというよりかは、 ・帽子がずれないように ・帽子の中の綿がはみ出さないように このためのものと考えて、軽くぐし縫いすればよいでしょう。 そのまま、テーブルや飾り棚、玄関においてもかわいいし、帽子の先にひもをつけてリースや木の枝に飾ってもよし。 また、たくさん作っておいて、子供たちがお菓子をもらいに来たときに一緒にあげても喜ばれますね。 このかわいいかぼちゃ飾りで、楽しいハロウィンを演出しましょう。

次の