大儀 で あっ た 意味。 「レイシスト」とは?意味を解説します!

武士の言葉の意味

大儀 で あっ た 意味

「大儀そうに」の意味 「大儀そうに 読み方:たいぎそうに 」は、いかにも面倒で厄介なことをやる雰囲気を出している時や、いやいややっている時の様子を意味します。 一般的には 「面倒くさそうに」という意味で使います。 羅生門での「大儀そうに」の状況 羅生門で「大儀そうに立ち上がった」という表現がありますが、この時、下人は、非常に追い詰められていて、生きるためには、盗人になるしかありませんでしたが、だからといって積極的に盗人になる勇気も持てないという状況でした。 そういった心理状況から「大儀そうに立ち上がった」と表現されています。 ですから、ここでは、「気力が湧かず、迷いの気持ちがある」というニュアンスが含まれるかと思います。 大儀とは? ちなみに、「大儀」とは、元々は、即位式や朝賀 ちょうが など、 朝廷で行われる最も重要な儀式を意味する言葉です。 「大儀そうに」の例文 確かに、いつも苦労するよね。 ただ、経理の人は、 大儀そうに仕事をした方が、みんな会社のお金を使いづらくなって、経費削減になるという話もあるみたいだよ。 という感じで「大儀そうに」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「大儀そうに」の例文1 「夫が家事を手伝ってくれることはほとんどなく、何度かお願いしたら 大儀そうに手伝うぐらいだ。 」 夫は外で仕事をすれば十分だと思っている男性は、家事をすることが、本当に面倒だと思いがちです。 それでも、しつこくお願いしたら、手伝ってくれるかもしれませんが、大儀そうにされると、奥さんとしては、逆にストレスが溜まってしまうかもしれませんね。 「大儀そうに」の例文2 「役所へ行って手続きをしようとしたが、窓口の人が 大儀そうに仕事をするので腹が立った。 」 役所に行ったら、大儀そうに対応をされて、嫌な思いをする人も少なくはないのではないでしょうか? もちろん、サービス業ではないとはいえ、あまりにも大儀そうに対応をされると、腹が立ちますよね・・・ 「大儀そうに」の例文3 「寝ていた父に一緒に遊ぼうとお願いしたいところ、父は 大儀そうにベッドから起き上がった。 」 お父さんは、平日は、仕事を一生懸命がんばっていますから、休日になったら、ゆっくり休みたいものです。 お子さんとしては、休日だからこそ、一緒に遊びたいと思うかもしれませんが、仕事の疲れが溜まっていると、大儀そうに行動してしまうことも多々あります。 しかし、そこは暖かい目で見て上げましょう。

次の

約半数が勘違い!?「大儀そう」という表現、意味を理解して正しく使おう!

大儀 で あっ た 意味

時代劇や時代小説を読んでいると、意味は何となく分かるけど本当に正しいかどうか分からないという言葉やセリフが出て来ると思います。 知らなくてもどうにか話しが分かっても、何となくわかっているだけでは作品をすべて楽しむことは難しくなってきてしまうと思います。 今回は武士ならではの言葉に注目して紹介してきたいと思います。 目次 1. 武士の決め台詞 1-1. 大儀であるの意味 1-2. ちょこざいなの意味 1-3. ぜひもないの意味 1-4. ひらにの意味 1-5. 片腹痛いの意味 1-6. これはしたりの意味 1-7. 面妖なの意味 1-8. いかさまの意味 1-9. 念には及ばないの意味 1-10. 恐悦至極の意味 まとめ 1. 武士の決め台詞 今回紹介して行くのは、武士がよく使っているイメージの強い言葉を紹介して行きます。 どの言葉も聞いたことのある言葉ですが、本当の意味が分かっている言葉はどれくらいあるでしょうか。 さっそく見ていきましょう。 1-1. 大儀であるの意味 時代劇などではお話しの最後に偉い方から「大儀であった」と言われるシーンは想像できるかと思います。 歌舞伎にもなっている井原西鶴の「好色一代男」にも「大儀なれど百の餅船はととがするぞ」という一節があります。 ここでは「費用がかかる」という意味で使われています。 多く使われる意味では「骨が折れる、めんどうだ」という意味だそうです。 このことから「大儀である」という意味は「ご苦労さん」という意味を持つようです。 この言葉は目上の者が目下の者にかける言葉だったようです。 1-2. ちょこざいなの意味 「ちょこざいな」というセリフは威勢よく言っている言葉のイメージがあります。 この「ちょこざいな」という言葉の意味は「なまいきな」という意味になります。 「ちょこざい」の意味を丁寧に解説をしていくと「さしでがましいこと、なまいきなこと」 という意味になります。 その為「ちょこざいな!」と言い放つとかなりきつい言い回しとなるようです。 ちなみに漢字で書くと「猪口才」と書いて「ちょこざい」と言います。 猪口は盃の事を指し、そこに「才」という文字がついています。 この事から、相手を罵倒する言葉ということが分かりますね。 1-3. ぜひもないの意味 この言葉の意味は簡単に分かるかもしれませんが、正しい意味をしっかりと確認していきましょう。 まずこれを漢字で書くと「是非無し」と書きます。 「是非」は「善し悪しの判断」のこと、それに「無し」が付くため「どうにもならない、やむをえない」という意味になります。 1-4. ひらにの意味 時代劇だと一番聞く言葉かもしれません。 「ひらに、ご容赦を」や「ひらに、お願い申し上げます」や「ひらに、お聞き入れくださいますよう」等でよく出てきます。 この言葉の使い方から想像できるように意味は「何とぞ」という意味で使われる事が基本ですが、場合によっては「ひたすら、熱心に」や「無事に、容易に」という意味で使われる事もあるそうです。 1-5. 片腹痛いの意味 この言葉は時代劇など関係なく使われる事がありますね。 「片腹痛い」という言葉こそ馴染みはあれど、正しい意味が分からない言葉だと思います。 この言葉は意外と歴史が古く清少納言の「枕草子」にも「傍ら痛きもの」と表記があります。 片腹痛いの大元は「傍ら痛い」で意味は「おかしくて片方の腹が痛い」の意味を持っています。 「傍ら痛い」の意味は「はたで見ていても苦々しい、みっともない」という意味がありました。 中世以降に「おかしくて片方の腹が痛い」という意味に転化して現在の「片腹痛い」の表記と使われ方がされるようになりました。 1-6. これはしたりの意味 「これはしたり」と言われてもこれだけでは意味は少し分かりにくいですね。 「したり顔」と言われると少し意味が分かってくるかもしれません。 「したり顔」とは「知ったかぶったような・得意げな」という意味でとらえてしまう方も多いですが、これは実は誤用で「したり」を漢字で書くと「知たり」では無く「為たり」となるため意味は「何かを成し遂げて得意な顔」という意味になります。 しかし、これに「これは」が付くと意味が反対になり「しまった、やりそこなってしまった」という意味になります。 また「驚いた」という意味で使われる事があるそうです。 1-7. 面妖なの意味 時代劇に幽霊や妖怪が絡むとまず出て来る「面妖な」という言葉、現在でも聞くことは無くても意味は何となく分かるかと思います。 意味は想像の通り「不思議な」という意味です。 語源を探っていくと元々は「名誉」という言葉になります。 名誉が「めいよう」に変化し、そこから音が変化し「めんよう」となり、これに漢字を当て「面妖」という言葉が生まれました。 名誉という言葉の意味は「名高いこと、評判の高いこと」の意味のほかに「奇妙なこと、不思議なこと」の意味があったそうです。 1-8. いかさまの意味 これはあまり聞きなじみの無い言葉かもしれません「いかさま」と聞くと「不正やずるをする事」と想像する方が多いですが、武士がつかう「いかさま」はそのような意味ではありません。 「いかさま」の意味は「なるほど」という意味で武士は使用していました。 「いかさま、その通りにござる」といった具合に使用するそうです。 また「いかさま」の他の意味では「どうみても、きっと」・「是非とも・なんとかして」という意味もあるそうです。 1-9. 念には及ばないの意味 「念には及ばない」という言葉を丁寧に武士風の言い方をすると「御念に及ばず」になります。 「念」の意味を確認すると「注意をすること、気を付けること」の意味という事がわかります。 この事から「念には及ばない」という言葉の意味は「確認するまでもない」という意味になります。 「念には及ばない」というワードは時代劇を見てみるとあらゆる場面で使用されています。 時代劇を時代劇らしくするためにはこのような言葉使いも重要な役割をはたしているのでしょう。 1-10. 恐悦至極の意味 時代劇などで感謝を表すときに「恐悦至極に存じ上げます」というセリフを聞いた事があるかと思います。 簡単に意味を説明すると「とてもうれしく思います」という事になります。 侍が満足や喜びを表す言葉は他にもあります。 「重畳(じゅうじょう)」や「祝着(しゅうちゃく)」等があります。 恐悦至極の「恐悦」も喜びを表す言葉です。 「祝着」は冠婚葬祭などの祝い事で使われるニュアンスが強く「祝着至極」と使うと祝いの気持ちを強調します。 「恐悦」は「恭悦」とも書き、恐れ多さと恭しさが込められているので、「恐悦至極」は目上の人や貴人にたいして喜びや満足を伝える時につかう言葉だそうです。 まとめ 今回は武士の言葉について見ていきました。 何となく意味は分かっているつもりでも、細かく見ていくと意味が全く違う言葉がいくつかありましたね。 現在では使う事が無くなってきた言葉達ですが、やはり時代劇を聞くと心地のよいリズムでカッコイイ時代劇を作るのには必要不可欠な言葉使いだと思います。 昔の言葉使いはどこか美しく今では無い情緒をかんじる事ができますね。 時代劇をより楽しむ為に、言葉使いを勉強してみるのもいいかもしれませんね。

次の

「初々しい」の意味と使い方、類語、対義語、花言葉、英語

大儀 で あっ た 意味

億劫という漢字の読み方や意味とは? まず、「億劫」という漢字の読み方や意味についてご紹介します。 億劫の一般的な読み方は「おっくう」 「億劫」は「おっくう」と読みます。 それぞれの漢字の音読みとしては「おく」と「こう」なのですが、「おくこう」だと発音しづらいため「おっこう」となり更に「おっくう」に変化したと考えられます。 ただし、「おっこう」と呼ぶ場合は仏教用語を指していることもあります。 億劫の語源と由来は仏教語のおっこう 仏教用語で「おっこう」と呼ぶ場合は、計り知れないほど長い時間のことを意味しています。 「劫(こう)」とは仏教で使う単位を指しており、途方もない時間の長さを意味し、それを1億倍したものが「億劫(おっこう)」になります。 ここから転じて、現在使われているような意味になったと考えられています。 億劫の簡単な意味は「めんどくさい」 元々は仏教用語でしたが、現在では「面倒で気が進まない」という状態を指して使われます。 「雨が降っているので外出するのが億劫だ」のように「気が乗らない、やる気が出ない」と言い換えることもできます。 「めんどくさい」との違い 上記の通り、「億劫」は「面倒なので気が乗らない様」を指していますので、正確に言えば「面倒だ、めんどくさい」といった言葉とは意味が異なります。 例えば、「受験勉強は面倒だ」であれば「手間がかかる」ということを意味しますが、「受験勉強が億劫だ」であれば「手間がかかるので気乗りしない」という意味になります。 つまり、単に面倒というだけではなく「面倒+気乗りしない」という表現が正確な意味です。 「今の仕事は面倒だがやりがいがある」という使い方は可能ですが、「今の仕事は億劫だがやりがいがある」という使い方は間違いになります。 億劫の同義語や類義語は? 次に、「億劫」という言葉の同義語や類義語についてご紹介していきます。 「面倒」 「面倒」は「手間がかかる、解決が容易でないためわずらわしい」ということを意味しています。 上記でも述べましたが、「面倒」は「手間がかかる」ということのみを指しており、「億劫」は「気乗りしない」という心情を指してしますので、注意が必要です。 「大儀」 時代劇などで耳にすることが多い、「大儀であった」という言葉のように使われます。 元々は朝廷の儀式などで重要なものを指していましたが、それらは手間がかかるものなので、転じて「面倒なこと」という意味で使われるようになりました。 使い方としては「面倒」とほぼ同じですが、「大儀であった」のように相手の苦労をねぎらう場合は、目上の人が部下などに使う言い回しなので注意してください。 また、現代で使われることはあまりありませんので、ビジネスシーンで使うことも避けたほうがいいでしょう。 億劫の対義語や反対語は? 同義語や類義語をご紹介したところで、対義語や反対語についても見ていきましょう。 「刹那」 「刹那(せつな)」は仏教用語としての「億劫」の対義語に当たります。 億劫は「途方もない時間の長さ」を意味しておりましたので、刹那は時間の最小単位で「極めて短い時間のこと、瞬間」を指します。 また仏教では「弾指(たんじ)」と呼ばれる指を弾いて音を出す行為があり、これを時間の単位として使用することもあります。 約12,000弾指(たんじ)で一昼夜を指すと言われており、1弾指は65刹那に換算されます。 弾指でも「短い時間のこと」を意味しますが、刹那はそれよりも更に瞬間的な時間の短さを指しています。 億劫を意味する英語やその例文は? 次に「億劫」を英語で表現する場合の単語と例文についてご紹介していきます。 「troublesome」 「めんどうな、やっかいな、わずらわしい」といった意味です。 カタカナ語としてもよく使われている「trouble(トラブル)」の形容詞形で、名詞を修飾する形で使われます。 「This problem is very troublesome. (この問題はとてもやっかいだ)」 「I hate troublesome work. 「a bothersome person(わずらわしい人、うるさい人)」 「You have a bothersome character. (君はやっかいな性格をしている)」 「tiresome」 こちらの意味も上記の2つとほぼ同じですが、ややくだけた口語的な表現として使われます。 また、「うんざりする、あきあきする」という意味を指す場合もあります。 「tiresome task(やっかいな依頼)」 「a tiresome talk(あくびの出る話) 億劫の使い方は地域によって違う? 「億劫だ、面倒だ」という意味で使われる方言も存在します。 大分県や宮崎県の方言で「よだきい」 大分県や宮崎県などで使われる方言で「よだきい」というものがあります。 「面倒くさい、億劫だ」という意味で、「今日の仕事、よだきいなぁ」というように使われます。 語源としては古語の「弥猛し(よだけし)」から来ていると言われ、意味もそのまま使われています。 この「よだきい」ですが、鳥取県の方言では「最低だ、強欲だ、不快だ」のように相手を罵倒する際に使われることもあります。 地域によって同じ言葉でも違った意味を持つ方言として使われる場合がありますので、注意が必要です。 まとめ 「億劫」という言葉の意味や使い方について説明してきました。 漢字にされると意外と読めなかったり、類義語や対義語と言われても思い浮かばなかったりするかもしれません。 この記事を参考にしてしっかりと把握しておきましょう。

次の