翻訳 カメラ。 カメラを使って画像翻訳ができる無料の人気おすすめ翻訳アプリ【iPhone/Android】

【Google翻訳アプリ】カメラをかざして日本語・英語間でリアルタイム翻訳する方法

翻訳 カメラ

面倒な外国語入力は不要! Google翻訳アプリのカメラ入力機能を使ったリアルタイム翻訳と、撮影した画像内のテキストをスキャンして翻訳する機能をご紹介します。 Google翻訳はテキスト入力や音声、手書きなど、様々な入力方法が用意されていますが、スマホアプリならではの機能として、カメラに写した文章をリアルタイムで翻訳することができます。 また、カメラで撮影した画像内のテキストを認識する機能を使うと、長い文章をわざわざ手で打ち込まなくても翻訳できるのでとても便利です。 文章の認識精度も十分で、英語だけでなく日本語や中国語もほぼ完璧に読み取ってくれます。 完全リアルタイム翻訳はちょっと怪しげですが、撮影した画像からテキストを認識させると、かなり精度の高い翻訳になります。 海外旅行だけでなく、ちょっとした文章の翻訳にも便利ですよ。 Google翻訳アプリ カメラ入力を使う Google翻訳アプリは英語や中国語、スペイン語をはじめ、100を超える言語の翻訳が可能で、テキスト入力や音声、手書き、カメラ入力にも対応した便利な翻訳アプリです。 インターネットに接続できる場所であれば世界中どこへ行っても使えるので、単語の意味を調べたり、ちょっとした文章の翻訳、外国人との会話もGoogle翻訳があれば対応できます。 今回はGoogle翻訳アプリのカメラ入力を使って、モスバーガーのトレー紙を翻訳してみました。 トレイ紙には英語、中国語、韓国語、日本語の4ヶ国語で同じようなことが記載されているので、カメラ入力をテストするにはちょうどいい素材です。 では、Google翻訳アプリを立ち上げて、カメラ入力で翻訳してみましょう。 使い方は簡単、翻訳したい言語を選んでから「カメラ入力」をタップします。 あとは翻訳したい文章にスマホのカメラを向けると、自動的に翻訳してくれます。 これらの言語を手で入力するのはとても面倒ですが、スマホのカメラで撮影するだけで、どんな言語でもあっという間に翻訳できるので便利です。 インスタントカメラ機能でリアルタイム翻訳 まずは文章にカメラを向けるとリアルタイム翻訳ができるインスタントカメラ機能を使います。 Google翻訳のカメラ入力を使うと、自動的にリアルタイム翻訳が始まります。 ただし、改行を認識しないのでまとまった文章の翻訳には向きません。 短い文章や単語向けの機能です。 レストランのメニューを翻訳するぐらいなら何とか使えそうですね。 リアルタイム翻訳は翻訳内容がすぐ変わるので読みづらいですが、右下のポーズボタンで翻訳を一旦ストップすると、じっくり翻訳文を読むことができます。 インスタントカメラ機能は目のマークをタップすることで、オンオフの切り替えができます。 その右は暗い場所で使う照明ボタンと、細かい文字を拡大するズームボタンです。 リアルタイム翻訳は、翻訳したい言語のオフライン翻訳ファイルをダウンロードしておくと、インターネット接続のない場所でも使えます。 カメラで撮影した画像を翻訳 Google翻訳は画像内の文章をスキャンして翻訳することもできます。 翻訳はもちろん、テキストの認識精度も非常に高いので、撮影した画像で翻訳するほうが便利です。 下の赤い撮影ボタンで翻訳したい文章を写すと、画像をスキャンしてあっという間に英語のテキストを抽出してくれます。 スキャンが終わると「指でテキストをハイライト表示します」の表示と共に、認識されたテキストが白で囲われます。 指で翻訳したい部分をなぞると、翻訳文が表示されます。 テキストをすべて翻訳する場合は、下の全選択ボタンをタップしてください。 翻訳文の脇にある右矢印をタップすると、テキストと翻訳文が全て表示されます。 テキストの英語が完璧に認識されていることがわかります。 翻訳された日本語の文章もそれほど違和感はなく、十分に意味が伝わります。 アルバムから他の写真を選択して翻訳することもできます。 左下の画像ボタンをタップして、アルバム内の写真を選ぶと、自動的にスキャンが始まります。 ただし、画像の翻訳はインターネット接続がないと使えないのでご注意を。 中国語・韓国語も翻訳できる Google翻訳のカメラ入力は、英語以外の言語も使えます。 インスタントカメラ機能のリアルタイム翻訳は対応しない言語が多いですが、画像から翻訳すれば大抵の言語同士で翻訳できます。 まずはトレー紙の中国語と韓国語をリアルタイム翻訳してみましたが、カメラを向けても反応はありません。 どうやら日本語はリアルタイム翻訳できないようです。 オフライン翻訳ファイルをダウンロードすると、英語のみリアルタイム翻訳が可能になります。 フランス語やスペイン語なども試してみましたが、使えるのはやはり英語だけでした。 でも一度撮影してからスキャンすると、およそ50言語の翻訳が可能になります。 カメラを横に向けて撮影しても、ちゃんとテキストとして認識してくれます。 韓国語のテキストと日本語の翻訳文です。 ハングル文字がきちんと認識され、翻訳もほぼ意味の通じる文章になっています。 中国語のテキストと翻訳文です。 こちらもテキストはバッチリ、翻訳も一部おかしなところがありますが、全体の意味は通じます。 固有名詞もちゃんと翻訳してくれました。 モスバーガーは中国語で「摩斯汉堡」って言うんですねぇ。 Google翻訳アプリ カメラ入力で使える言語数 Google翻訳は、テキスト入力であれば100を超える言語の翻訳が可能で、インターネット接続なしで翻訳できるオフラインは59言語(2019年7月現在)に対応しています。 また、カメラ入力によるリアルタイム翻訳は38言語、撮影した写真をスキャンして認識させるテキスト翻訳は50言語に対応しています。 フランス語、ドイツ語、アラビア語、ロシア語などには小サイズのファイルが用意されているので、英語からすぐにリアルタイム翻訳できるようになります。 また、撮影した画像を翻訳すれば、さらに翻訳精度が上がります。 入力や読み取りが難しい日本語や中国語もほぼ完璧に認識してくれるので、文字入力の手間が省けます。 Google翻訳アプリは翻訳機能だけでなく、カメラ入力による画像認識も優れています。 メジャーな言語であれば、スマホのカメラで撮影するだけで翻訳できるので非常に便利です。 海外旅行や出張などの際は、ぜひ一度Google翻訳アプリを使ってみてください。 Google翻訳アプリの詳しい使い方を紹介しています。 よかったらご覧ください。 他にもGoogle翻訳の便利な機能や使い方を以下で紹介しています。

次の

‎「翻訳 カメラ

翻訳 カメラ

面倒な外国語入力は不要! Google翻訳アプリのカメラ入力機能を使ったリアルタイム翻訳と、撮影した画像内のテキストをスキャンして翻訳する機能をご紹介します。 Google翻訳はテキスト入力や音声、手書きなど、様々な入力方法が用意されていますが、スマホアプリならではの機能として、カメラに写した文章をリアルタイムで翻訳することができます。 また、カメラで撮影した画像内のテキストを認識する機能を使うと、長い文章をわざわざ手で打ち込まなくても翻訳できるのでとても便利です。 文章の認識精度も十分で、英語だけでなく日本語や中国語もほぼ完璧に読み取ってくれます。 完全リアルタイム翻訳はちょっと怪しげですが、撮影した画像からテキストを認識させると、かなり精度の高い翻訳になります。 海外旅行だけでなく、ちょっとした文章の翻訳にも便利ですよ。 Google翻訳アプリ カメラ入力を使う Google翻訳アプリは英語や中国語、スペイン語をはじめ、100を超える言語の翻訳が可能で、テキスト入力や音声、手書き、カメラ入力にも対応した便利な翻訳アプリです。 インターネットに接続できる場所であれば世界中どこへ行っても使えるので、単語の意味を調べたり、ちょっとした文章の翻訳、外国人との会話もGoogle翻訳があれば対応できます。 今回はGoogle翻訳アプリのカメラ入力を使って、モスバーガーのトレー紙を翻訳してみました。 トレイ紙には英語、中国語、韓国語、日本語の4ヶ国語で同じようなことが記載されているので、カメラ入力をテストするにはちょうどいい素材です。 では、Google翻訳アプリを立ち上げて、カメラ入力で翻訳してみましょう。 使い方は簡単、翻訳したい言語を選んでから「カメラ入力」をタップします。 あとは翻訳したい文章にスマホのカメラを向けると、自動的に翻訳してくれます。 これらの言語を手で入力するのはとても面倒ですが、スマホのカメラで撮影するだけで、どんな言語でもあっという間に翻訳できるので便利です。 インスタントカメラ機能でリアルタイム翻訳 まずは文章にカメラを向けるとリアルタイム翻訳ができるインスタントカメラ機能を使います。 Google翻訳のカメラ入力を使うと、自動的にリアルタイム翻訳が始まります。 ただし、改行を認識しないのでまとまった文章の翻訳には向きません。 短い文章や単語向けの機能です。 レストランのメニューを翻訳するぐらいなら何とか使えそうですね。 リアルタイム翻訳は翻訳内容がすぐ変わるので読みづらいですが、右下のポーズボタンで翻訳を一旦ストップすると、じっくり翻訳文を読むことができます。 インスタントカメラ機能は目のマークをタップすることで、オンオフの切り替えができます。 その右は暗い場所で使う照明ボタンと、細かい文字を拡大するズームボタンです。 リアルタイム翻訳は、翻訳したい言語のオフライン翻訳ファイルをダウンロードしておくと、インターネット接続のない場所でも使えます。 カメラで撮影した画像を翻訳 Google翻訳は画像内の文章をスキャンして翻訳することもできます。 翻訳はもちろん、テキストの認識精度も非常に高いので、撮影した画像で翻訳するほうが便利です。 下の赤い撮影ボタンで翻訳したい文章を写すと、画像をスキャンしてあっという間に英語のテキストを抽出してくれます。 スキャンが終わると「指でテキストをハイライト表示します」の表示と共に、認識されたテキストが白で囲われます。 指で翻訳したい部分をなぞると、翻訳文が表示されます。 テキストをすべて翻訳する場合は、下の全選択ボタンをタップしてください。 翻訳文の脇にある右矢印をタップすると、テキストと翻訳文が全て表示されます。 テキストの英語が完璧に認識されていることがわかります。 翻訳された日本語の文章もそれほど違和感はなく、十分に意味が伝わります。 アルバムから他の写真を選択して翻訳することもできます。 左下の画像ボタンをタップして、アルバム内の写真を選ぶと、自動的にスキャンが始まります。 ただし、画像の翻訳はインターネット接続がないと使えないのでご注意を。 中国語・韓国語も翻訳できる Google翻訳のカメラ入力は、英語以外の言語も使えます。 インスタントカメラ機能のリアルタイム翻訳は対応しない言語が多いですが、画像から翻訳すれば大抵の言語同士で翻訳できます。 まずはトレー紙の中国語と韓国語をリアルタイム翻訳してみましたが、カメラを向けても反応はありません。 どうやら日本語はリアルタイム翻訳できないようです。 オフライン翻訳ファイルをダウンロードすると、英語のみリアルタイム翻訳が可能になります。 フランス語やスペイン語なども試してみましたが、使えるのはやはり英語だけでした。 でも一度撮影してからスキャンすると、およそ50言語の翻訳が可能になります。 カメラを横に向けて撮影しても、ちゃんとテキストとして認識してくれます。 韓国語のテキストと日本語の翻訳文です。 ハングル文字がきちんと認識され、翻訳もほぼ意味の通じる文章になっています。 中国語のテキストと翻訳文です。 こちらもテキストはバッチリ、翻訳も一部おかしなところがありますが、全体の意味は通じます。 固有名詞もちゃんと翻訳してくれました。 モスバーガーは中国語で「摩斯汉堡」って言うんですねぇ。 Google翻訳アプリ カメラ入力で使える言語数 Google翻訳は、テキスト入力であれば100を超える言語の翻訳が可能で、インターネット接続なしで翻訳できるオフラインは59言語(2019年7月現在)に対応しています。 また、カメラ入力によるリアルタイム翻訳は38言語、撮影した写真をスキャンして認識させるテキスト翻訳は50言語に対応しています。 フランス語、ドイツ語、アラビア語、ロシア語などには小サイズのファイルが用意されているので、英語からすぐにリアルタイム翻訳できるようになります。 また、撮影した画像を翻訳すれば、さらに翻訳精度が上がります。 入力や読み取りが難しい日本語や中国語もほぼ完璧に認識してくれるので、文字入力の手間が省けます。 Google翻訳アプリは翻訳機能だけでなく、カメラ入力による画像認識も優れています。 メジャーな言語であれば、スマホのカメラで撮影するだけで翻訳できるので非常に便利です。 海外旅行や出張などの際は、ぜひ一度Google翻訳アプリを使ってみてください。 Google翻訳アプリの詳しい使い方を紹介しています。 よかったらご覧ください。 他にもGoogle翻訳の便利な機能や使い方を以下で紹介しています。

次の

写真から!無料の翻訳カメラアプリ5選

翻訳 カメラ

カメラでのリアルタイム画像翻訳• 手書き入力での翻訳• 音声翻訳 どの翻訳機能も非常に優秀で使いやすい機能にまとまっていますよ! 1-1 Google翻訳の画像翻訳について 画像引用元: Google翻訳のカメラ画像翻訳では、 カメラをかざすだけでリアルタイム翻訳できます。 対応言語は38ヶ国語もあるので、日本人が利用・渡航するほとんどの言語は対応しています。 カメラ画像翻訳の解像度も比較的高く、小さな文字や距離のある文字でもかなりの精度で認識してくれますね。 Google翻訳のカメラ画像翻訳の手順 1Google翻訳を開く 2翻訳元の言語を選び「カメラ入力」をタップ 翻訳元言語とカメラに写す言語が異なると正常に翻訳されません。 カメラアイコンをタップする前に、必ず翻訳する言語を選択しましょう。 3カメラへのアクセスを許可(初回のみ) 初回はGoogle翻訳からカメラ機能へのアクセス許可が求められます。 ここで拒否してしまうとカメラ画像翻訳が利用できないので、必ず「許可」をタップしましょう。 4翻訳するテキストをカメラに収めるてシャッターをタップ Google翻訳では、カメラを向けるとプレビューに直接翻訳内容が反映します。 リアルタイム翻訳なので、テキスト量が多いと処理が重くなることがあります。 重くなるようなら、不要な部分はカメラに映らないように工夫するといいでしょう。 シャッターボタンをタップすると、カメラに収めた範囲を読み込みます。 なお、画面下の四角いアイコンをタップすると、認識した全ての文字が翻訳対象になります。 1-2 Google翻訳はオフラインでも翻訳OK Google翻訳では、事前に翻訳情報をダウンロードすることで、インターネット接続がなくても翻訳できるようになります。 1ヶ国語のダウンロードに約60MB必要になりますが、海外等の常時ネット接続できない環境で使う場合はオフラインでも翻訳できるようにしておきましょう! なお、ダウンロード量が多いので、Wi-Fi環境で操作することをおすすめします。 6「ダウンロード」をタップ これでオフライン翻訳の準備完了です。 ダウンロード完了まで待てば、オフラインでも翻訳できるようになります。 1-3 その他Google翻訳に搭載されている機能 Google翻訳では、カメラ画像翻訳以外の入力機能もあります。 手書き入力• 音声入力 どちらも高い精度で利用できるので、カメラ画像翻訳とあわせて使えるようにしておくと便利ですよ! 手書き入力 Google翻訳の手書き入力は、キーボード入力をしなくても簡単に翻訳元のテキストが入力できます。 そのため、 キーボード入力に慣れない言語を翻訳するときに便利ですね! また、認識精度がかなり高いので、手書き文字が汚くなってしまっても意外と正常に読み取ってくれます。 手書き入力の手順 1翻訳元の言語を選び、「手書き入力」をタップ 2「お書きください」の範囲に翻訳する文字を書く ここでは1文字ずつ書いても、文字列を書いてもOKです。 書いて少し待つと認識してくれるので、書ききれなかった分を続けて入力しましょう。 なお、手書きの文字は画像の用に、 多少雑でもしっかり認識してくれます。 3テキストが反映したら、画面下の文字をタップして確定 手書き入力をテキストに変換する毎に、画面下にも変換した文字が表示されます。 問題なければ画面下の文字をタップして確定しましょう。 なお、変換を確定すると「スペース」になるので、単語間のスペースが必要な場合に入力しましょう。 音声入力 Google翻訳では、音声入力機能もバッチリ搭載されています。 「OK Google」で鍛えられた音声入力システムなので、小さい声や滑舌が悪くても全く問題ありません。 また、音声入力から即時翻訳・読み上げしてくれる「会話」機能もあるので、外国の方との会話でも使えますよ! 音声入力の手順 1翻訳言語を選び、「声」をタップ 翻訳する言語を選んでから、「声」をタップして音声入力に入ります。 3翻訳結果をチェック これで音声入力完了です。 ホーム画面に戻ると音声入力した文字が翻訳されています。 会話翻訳の手順 1翻訳元・翻訳先の言語を選び、「会話」をタップ 2翻訳元の言語で音声入力 会話機能では、連続して翻訳して読み上げてくれます。 ただ、1回目だけは翻訳元の言語しか応答してくれません。 画像では、赤くなっている「日本語」でまず話しかけましょう。 3翻訳・読み上げ後からは翻訳元・翻訳先どちらでも会話入力OK 会話機能では、1回翻訳・読み上げを行った後は翻訳元・翻訳先どちらの音声入力も受け付けてくれます。 翻訳しながら会話したい時に重宝するので、外国の方と話す時に使ってみてくださいね! 次の章では、Google翻訳以外のカメラ画像翻訳アプリを紹介します。 2 その他注目のカメラ画像翻訳アプリ4選 続いてGoogle翻訳以外の、おすすめカメラ画像翻訳アプリを4つ紹介します。 Google翻訳だけでも十分使えますが、翻訳結果に満足できない時や使い勝手がいまいちと感じるなら、これから紹介するアプリも試してくださいね! 2-1 Microsoft翻訳 画像引用元: Microsoft翻訳は、 60カ国以上に対応した無料翻訳アプリです。 カメラや写真からの翻訳や音声翻訳など、本格的な翻訳機能をバッチリ搭載! 特に、撮影済みの写真からも翻訳できるため、調べ物しながらスクショを撮影する人におすすめです。 また、翻訳の精度もカメラ画像翻訳アプリの中ではピカイチです。 Microsoft翻訳のカメラ画像翻訳の手順 1カメラアイコンをタップ 2画面左下の「検出」をタップ 翻訳する言語を選択しなくても自動で検出してくれますが、複数の言語が映ると正常に動作しないことがあります。 そのため、撮影前に極力翻訳する言語を選ぶようにしてください。 3翻訳する言語を選択して「完了」をタップ 言語の選択肢が多いので、上部の検索ボックスに入力して翻訳する言語を選びましょう。 4翻訳する文字列をカメラに捉えて撮影 これで撮影した写真に対して、翻訳した文字が映し出されます。 ただ、あまり長い文章だと翻訳に時間がかかるので、1文節単位になるように工夫した方がいいかもしれません。 Microsoft翻訳の写真翻訳の手順 1カメラアイコンをタップ 2画面左下の写真サムネイルをタップ 3翻訳する文字列が映った写真をタップ これで写真に写った文字列が翻訳されます。 解像度が低いと認識されないことがあるので、翻訳したい写真はできるだけ鮮明に撮っておきましょうね! 2-2 Worldictionary Lite 画像引用元: Worldictionary Liteは、カメラでの画像翻訳オンリーのアプリです。 文節単位ではなく 単語単位の翻訳なので、少し用途の限られるアプリですね。 アプリを起動してカメラを調べたい単語に向けるだけの簡単操作なので、勉強中にわからない単語がある場合、 電子辞書を開くより早く調べられます。 ただ、最初は翻訳先言語の設定が日本語になっていないので、最初の1回はしっかり設定が必要になります。 比較的長い文章でも翻訳できるので、まとめて翻訳したい方におすすめです。 少し使い方に癖がありますが、慣れればサクサク翻訳できます! 画像翻訳+カメラスキャナ写真翻訳のカメラ画像翻訳の手順 1画面上部で翻訳元・翻訳先言語を選択 2翻訳したい文章を撮影 3写真が生成されたら、翻訳する範囲を指定して画面下の画像アイコンをタップ 4翻訳元の文章テキストをチェックして、画面下の「文」アイコンをタップ これで撮影した文章が翻訳されます。 あまり長文を翻訳すると時間がかかることがあるので、なかなか終わらない場合は撮影する文章を少なくしてくださいね。 対応言語は少ないのですが、撮影した画像に対して 範囲指定して翻訳できます。 そのため、長文の一部を翻訳したいという使い方にピッタリですね! 反面、長文丸ごと翻訳しようとすると、一昔前のザ・機械翻訳という感じの結果に。 特に専門用語や難しい表現の多い文脈で顕著なので、長文翻訳ならGoogle翻訳の方が正確に翻訳してくれます。 Naver Papago翻訳のカメラ画像翻訳の手順 1カメラアイコンをタップ 2翻訳する文章を撮影する 3翻訳したい文章をなぞって「完了」をタップ 3 翻訳アプリはどこまで翻訳できる? 最後に、今回紹介したカメラ画像翻訳アプリで翻訳できる範囲について確認しましょう。 カメラ画像翻訳アプリでは、カメラで撮影するだけで簡単に翻訳できますよね。 ただ、 アプリによっては長い文章が苦手なものも。 文章の長さに応じて、適切なアプリを使うようにしましょう! 3-1 単語を調べるならWorldictionary Liteがピッタリ カメラ画像翻訳アプリの多くは、撮影した文章を丸ごと翻訳しようとします。 そのため、単語の意味をチェックしたいだけの方にとって、多くのアプリは向いていません。 Worldictionary Liteのみ、単語単位でリアルタイム画像翻訳をしてくれます。 単語の意味を調べるために使うなら、まずはWorldictionary Liteを使ってみてくださいね! 3-2 文節・短い文章ならMicosoft翻訳 翻訳するのが文節単位や短い文章なら、Microsoft翻訳が1番使いやすいでしょう。 Microsoftの翻訳性能は比較的高く、文節単位での誤訳はかなり少なくなります。 反面、長文を翻訳しようとすると処理時間が長くなることに。 そのため、短い文章を翻訳するなら、Microsoft翻訳を中心に使うのがベストですね。 3-3 長文翻訳はGoogle翻訳を使おう 長い文章を丸ごと翻訳するなら、Google翻訳を使いましょう。 Google翻訳の翻訳機能は、翻訳サービスとしてはかなり処理が速い方で、 1ページ丸ごと翻訳してもサクッと処理してくれます。 時々、機械翻訳っぽい解釈や文脈に沿わない翻訳がされることもありますが、最近は翻訳精度もかなり向上しています。 専門分野の文章は苦手ですが、大量の文章をカメラ撮影して翻訳するなら、Google翻訳が活躍してくれますよ! 4 カメラで画像翻訳できる無料アプリまとめ 今回はスマホのカメラで画像翻訳できるアプリをまとめて紹介しました。

次の