プテラノドン テイム。 【ARK】プテラノドンをテイム・騎乗しよう【PS4】

初心者の憧れ!プテラノドンテイム

プテラノドン テイム

プテラノドンのテイム方法 プテラノドンは浜辺などに広く分布しているので、見つけるのが容易いです。 ボーラ(動けなくする飛び道具)を使って棍棒で殴るか、麻酔矢で簡単に気絶させられます。 肉食のため生肉を与えましょう。 プテラノドンに騎乗しよう テイムするのは簡単ですが、騎乗するには38レベルで覚えられるプテラノドン専用のサドルが必要になります。 サドルを製作するためのアイテム・入手方法 キチンまたはケラチン75個:その辺にいる虫からキチンが手に入りますが、大量に欲しい場合は洞窟にいる中型の虫から入手できます。 ケラチンはトリケラトプスやステゴサウルスから入手できます。 皮230個:虫、魚系の敵以外から入手します。 肉食恐竜をテイムしておけば簡単に入手できます。 繊維125個:草を摘み取れば簡単に入手できます。 作ったサドルはプテラノドンのインベントリ内のサドルに装備しましょう。 乗った瞬間に飛び始めます。 右スティックで行く方向を決めます。 上昇:右スティックを手前に引くと空を見るます。 左スティックを前に倒すと上昇します。 下降:右スティックを奥に倒すと地面を見ます。 左スティックを前に倒すと下降します。 着地:地面や岩の近くで〇ボタンを押すと着地します。 高く飛んでいるときに〇ボタンを押しても何も起こりません。 飛行:地面にいるときに〇ボタンを押すと飛行モードになります。 回転アタック:飛行モード中に右スティックを押し込むと空中で回転します。 高速飛行:左スティック押し込みで、通常飛行と高速飛行の切り替えができます。 スタミナ消費:高速飛行と回転アタックはスタミナ消費が激しくなります。 使うのは控えましょう。 スタミナが無くなると 飛行にはスタミナが必要です。 プテラノドンのスタミナが無くなっても墜落することはなく、強制的にゆっくり降下していきます。 ただしその間スタミナを回復することはなく、地上に降りてから回復し始めます。 スタミナは全回復しなくても再び飛ぶことができます。 肉食恐竜のいない安全な岩の上で休みましょう。 プテラノドン騎乗時の武器の使用 武器を装備することはできません。 たいまつを持つことはできます。 寒いときにたいまつを持ちましょう。 ステータス振りはスタミナ 長時間飛んでいられるので、スタミナ振りが良いのではないかと思います。

次の

【ARKモバイル】ケツァルコアトルスの生息地と各種テイム法を試す

プテラノドン テイム

こんにちは!無課金ブロガーのあおひげです。 ARKの話なんですが、ドエディクルスをテイムしようとレッドウッドの山岳地帯に行って見つけたのでテイムを始めたら散々な目に遭いましたw寒さでダメージを食らうわ、サーベルタイガー2匹に襲われるわ、サソリに襲われるわ、挙句の果てにプテラで一旦逃げようと思ったら間違えて、プテラから降りてしまって転落死するわトラブルばっかでした。 皆さんも気をつけてテイムしましょう。 今回紹介したいのは、絶対にテイムしておきたい空の運び屋アルゲンタヴィスです。 アルゲンタヴィスとはどんな動物? アルゲンタヴィスは、800万年前から600万年前にかけて南アメリカに棲息していた大型の猛禽類です。 ARKではプテラノドンの上位にあたりスタミナや重量値に優れるため長い距離を大量の荷物を持ちながら飛ぶことが可能です。 移動速度はプテラノドンに比べると遅いので、移動はプテラノドン、運搬および汎用性に優れるのがアルゲンタヴィスみたいな感じらしいです。 アルゲンタヴィスのテイム方法 アルゲンタヴィスはテイムすれば非常に頼もしい反面、敵に回るとかなり厄介な相手です。 なので事前に準備が必要です。 基本群れで行動してますし、生息場所なども山岳地帯なのでサーベルタイガーも生息しているためテイムしていたら襲われると非常に危険です。 またアルゲンタヴィスは死体に寄ってくる性質があるため動物を倒した後は注意しましょう。 アルゲンタヴィスを倒したらその死体にまたアルゲンタヴィスの群れが飛んでくる…ていうのもあるみたいです。 アルゲンタヴィスはボーラが効かず動きを止めることが出来ないので注意しましょう。 また矢や銃などで攻撃すると、通常よりも高いダメージを与えてしまうので麻酔矢だと殺してしまう可能性があるので気絶させる時は麻酔弾を使用した方が確実です。 まだない方は麻酔矢でもできると思うので麻酔矢で。 また高山ではオオカミやサーベルタイガーなど危険な動物が多いので周囲に敵がいないかは確実に確認しておきましょう。 アルゲンタヴィスは基本群れで登場するので、1匹だけ他の個体から霜降り肉を入手すればテイムはさほど難しくなく、気絶値が高いので是非とも入手しましょう。 アルゲンタヴィスの運用方法 アルゲンタヴィスはその能力の高さから戦闘、運搬、移動など様々な仕事に使うことができます。 プテラノドンよりも速度は低いものの幅広い運用ができる汎用性が魅力的です。 プテラノドンはスタミナが少ないので休憩しないと長距離は飛べません。 アルゲンタヴィスはスタミナが非常に高く長距離を移動しやすい反面スピードが低めなので、短距離はプテラノドン、長距離はアルゲンタヴィスといった感じで使い分けるのがいいと思います。 アルゲンタヴィスは重量値が高く大量のアイテムを持たせることができるため運搬にはかなり適任です。 特に黒曜石や金属鉱石などの遠い場所へ素材集めに行く際にはかなり重宝します。 アルゲンタヴィスは移動や運搬だけではなく恐竜やPvPでの対人戦でも高い能力を発揮します。 攻撃力が高いだけではなく空を飛んでいるので敵から攻撃されにくいというメリットがあります。 ただし動物全体でみると耐久力は低いのでなるべくダメージを受けないように気をつけましょう。 特にPvPでは矢や銃火器など強力な遠距離攻撃が飛んでくるので被弾するとあっという間に死にます。 アルゲンタヴィスもプテラノドンと同様に動物を掴んで移動できます。 プテラノドンよりも掴める動物が多くサーベルタイガーやダイヤウルフなど戦力になる動物も運べるため、拠点に罠を作って置いて、アルゲンタヴィスで運んでくる、テイムするの方法が取れるため安全にテイムすることができます。 まとめ アルゲンタヴィスは800万年前から600万年前に南アメリカに生息していた猛禽類 スタミナや重量値が高くスピードは遅め 基本群れで行動しておりテイムする時は注意が必要 矢や銃弾のダメージが高くなるためこれまた注意 いかがでしょうか?アルゲンタヴィスはプテラノドンよりもスピードが遅いがスタミナや重量値などは高めという感じでしょうか?運べる動物も多いため仲間にしたらかなりテイムが楽になりそうですよね。 罠を作って置いてテイムする動物をそこに運んで安全にテイムする。 いいですねよね。 ARKの世界を進むにつれて安全にテイムできる場所は少ないんですよね。 待機していたら急に後ろから襲われたり、普通に凶暴な恐竜がウロウロしていたりとこうやってテイム出来るようになるとまたARKの世界が広がりますよね。 私も手に入れるので皆さんも手に入れましょう。

次の

ARK プテラノドン 恐竜図鑑 でテイム方法から運用方法までを紹介していく

プテラノドン テイム

プテラノドンをテイムしておくと行動範囲が広がって安全に移動できるようになります。 低レベルはステータスが低いので、なるべく高レベルを狙ってキブルを使用してテイムしていきましょう。 必要な道具• ボーラ• クロスボウ• 麻酔矢 高レベルをテイムする場合は麻酔矢などを用意しておいたほうがいいかもです。 必要なエサ キブル 通常 素材 個数 卵 1 干し肉 1 トウモロコシ 2 ジャガイモ 2 繊維 5 水 1 卵の素材は、アンキロサウルス、カルノタウルス、イグアノドン、ステゴサウルスなどです。 比較的テイムが簡単なアンキロサウルスなどの卵を使用すればいいです。 ドードーのキブル 素材 個数 ドードーの卵 1 ニンジン 1 こんがり肉 1 メジョベリー 2 繊維 3 水 1• キブル 通常• ドードーのキブル• 霜降り肉• 生肉 の順にテイム時間が短縮します。 ドードーのキブルに必要なニンジンは、レベルを26まで上げて菜園 中 のエングラムを習得して農業をしないとダメなので、すぐにテイムしたい場合は生肉などでOKです。 プテラノドンのテイムのやり方 プテラノドンは普通に攻撃するとすぐ上空へ飛んで逃げるので、逃げられないようにボーラを投げて動きを封じてから棍棒で殴るか、麻酔矢で気絶させてください。 気絶値がすぐ減っていくので、大量にナルコベリーを用意してからテイムしましょう。 サドル 残念ながら捕まえてもすぐ空を飛ぶことはできず、レベルを38まで上げてサドルを習得して作製する必要があります。 キチンかケラチンの両方の数を合わせて75個いるので、序盤のうちから昆虫や狩りやすい恐竜からコマメに集めておいたほうがいいです。 キチンは三葉虫やメガネウラ、蟻などの虫から入手できて、三葉虫は水辺、メガネウラ トンボ とティタノミルマ 蟻 は沼地や森林地帯にいることが多いです。 ケラチンはトリケラトプスやカルボネミスなどから入手できます。 ステ振り 重量がクソ低いので、サドルを作って乗ろうとしても自分の重量のせいで空を飛べない可能性があるので、最初は重量にステ振りしておいたほうがいいです。 スタミナも低くて高速移動中にすぐスタミナ切れをおこします。 スタミナ切れをおこしたら強制的に地上へ降りてしまいます。 安全な所ならいいですが、肉食恐竜などがいた場合瞬殺されてしまうので、スタミナ切れをおこしにくくするために、重量の次はスタミナを最優先で振っていったほうがいいです。 アルゲンタヴィスを捕まえたら、自分はプテラノドンに乗ってアルゲンタヴィスを運搬用としてお供でついてこさせれば採取の効率が良くなります。

次の