トイレ 掃除 オキシ クリーン。 オキシクリーンでトイレ掃除!室内がまるっとピカピカになる活用例

オキシクリーンを使ったトイレ掃除術|便器をオキシ漬け| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

トイレ 掃除 オキシ クリーン

スポンサーリンク オキシクリーンでトイレのタンクを掃除・除菌する方法 トイレタンクの掃除・除菌を オキシクリーンでする方法は 実はとっても簡単で、 お湯に溶かしたオキシクリーンを、 タンクの中に注ぐだけです。 非常に簡単でお手軽にできる 掃除方法ですよね。 「ほったら家事」の一つとも 言えるかもしれません。 意外とトイレタンクは なかなか掃除しない場所だから、 湿気が溜まりカビや汚れだらけに なってしまうこともあります。 だからこそ、 定期的な オキシクリーンを使っての掃除や 除菌が必要なのです。 オキシクリーンを適量溶かした お湯をタンクに注いでおけば、 とっても簡単に除菌と 掃除ができるので安心です。 30分~1時間経ってから トイレの水を流せば、 トイレタンクの中は とってもキレイになっているので、 ぜひ試してみてください。 この時使うオキシクリーンの量は どれほどトイレタンクの中が 汚いかによります。 もしオキシクリーンを使った タンクの掃除が初めてなら 多めに使うのも良いアイディアです。 解けたお湯が様々な個所まで 行きわたるようにしましょう。 また粉のオキシクリーンを 溶かす場合はよくかき混ぜてから タンクに流し込むことも重要です。 トイレの詰まりや手洗い、さぼったリングも綺麗にできる オキシクリーンは トイレタンクを掃除、除菌するだけでなく、 詰まりや手洗い場、 そして便器内のさぼったリングも、 キレイにすることが出来ます。 ではそれぞれの掃除の仕方を紹介しますね。 そしてそれを詰まってしまった便器の中に流し入れ、 2~3時間経ったら水を流すだけ。 すると酸素系漂白剤が汚れを分解し、 トイレの詰まりも便器内のさぼったリングも、 キレイに除去することが出来ます。 手洗い場の汚れ落とし 先ほど紹介したのと同じように、 まずオキシ液を作っていきます。 そしてキッチンペーパーに オキシ液を浸し、トイレの手洗い場を そのペーパーで覆っておきましょう。 あとはそのまま1時間~3時間ほど放置し、 キッチンペーパーを外せばOK! スポンサーリンク この時いつもの習慣で 汚れたキッチンペーパーを流さないように くれぐれも気を付けましょう。 トイレ詰まりの原因となってしまいます。 手洗い場の汚れもオキシクリーンによって、 とってもキレイにすることができるのです。 水受けや尿石も掃除できるオキシクリーン 先ほど紹介したように オキシ液を使えば 水受け、 つまり手洗い場の汚れも もちろん落とせます。 しかもそれだけでなく、 便器内の尿石も、 簡単に綺麗に落とすことが 可能なのです。 そしてそのまま 2~3時間放置した後、 水を流すだけで完了となります。 それでも尿石が頑固で落ちない場合は、 トイレットペーパーを 尿石の上に覆いかぶせた後、 オキシ液を垂らしておきましょう。 この時オキシ液を多く垂らし過ぎると、 トイレットペーパーが流れてしまうので、 オキシ液は少しずつ流していき ペーパーが尿石部分にパックされる ようにしてください。 そして、2~3時間放置して、 水を流せばキレイに頑固な 尿石も取れていますよ。 ちなみに 便座裏の尿石を掃除する際は、 手洗い場と同じように、 オキシ液を浸したキッチンペーパーで覆い、 2~3時間放置してから キッチンペーパーを取り外しましょう。 オキシクリーンで作った オキシ液は、 トイレの壁や床などの拭き掃除にも使えるので、 トイレ全体をキレイにするのに最適です。 ただしオキシクリーンは 熱めのお湯で溶かして使うので、 オキシ液で床や壁を掃除する際は、 火傷しないように、ゴム手袋などをして 拭き掃除をしましょう! スプレー式の重曹でもトイレ掃除が簡単にできる 水に浸かっていないトイレの汚れは オキシクリーンの他にもスプレー式の重曹で 落とすことができます。 「暮らしの重曹石けん」という スプレーがユーカリの匂いがして 消臭効果もありおススメです。 ネット通販(私はいつも楽天)で 手に入れることができます。 楽天で購入 方法は便器や便座裏にこの重曹石けんを スプレーし、その上からトイレットペーパーを かぶせ、さらにスプレーをします。 トイレットペーパーが濡れて くたくたになるくらいがちょうどいいです。 そのまま1時間ほど放置した後に まとめて表面の汚れをふき取り、 そのままトイレに流せば終わり! 掃除の後はユーカリの匂いで トイレの悪臭が無くなるので 達成感と清潔感を同時に味わえるので とてもいい気分になります。 まとめ トイレタンクの中を 掃除したことが無い場合は やや濃いオキシ液を使って 殺菌・消臭しましょう。 また尿石がこびりついている場合は オキシ液に浸した キッチンペーパーや トイレットペーパーを使い、 綺麗に拭き取ることができます。 キッチンペーペーを使った場合は 使用後にうっかりトイレに 流さないようくれぐれも注意しましょう。

次の

トイレのタンク掃除の簡単な仕方。重曹やクエン酸を使った方法も解説

トイレ 掃除 オキシ クリーン

最近のお気に入りの手袋がこれ。 使いやすい!手先も固まらないし、結構長持ちするからよく使っています 換気必須 トイレの換気できますでしょうか。 トイレに窓がないという家庭もありますよね。 うちは窓ないです!トイレなのに! もちろん換気扇はありました。 なので、 掃除前には必ず換気扇が回っているのか確認しましょう。 オキシクリーンに含まれている過炭酸ナトリウムは水と混ぜることで、ガスが発生します。 長時間吸い込んでいるとあまり体によくありません。 なのでしっかり換気をしながら掃除開始です。 オキシクリーンでトイレの便器を簡単掃除 シンクやお風呂だけがオキシ漬けの出番ではありません。 トイレも一晩つけ置きすると汚れがスッキリと落ちるのです。 トイレのオキシ漬けで泣くほどトイレ掃除を簡単にすましちゃいましょう。 ですが便利だなっと思ったのがペットボトルで作る方法。 2リットルのサイズのペットボトルにお湯とオキシクリーンを入れれば振り混ぜるだけで完成。 使用後はそのまま捨てられて便利です。 コジカジさん参考^^ ふりふりっとお湯とオキシをしっかり混ぜたら便器に流し込みましょう!ただし、 少量の液は残しておいてください!後でまた使います。 そんな場所にはペーパーを敷き詰めることで解決。 便器全体に キッチンペーパーを敷き詰めます。 便器のフチ裏にもぎゅぎゅっと!敷き詰めたら、残しておいたオキシ液をふりかけて終了です。 注意トイレットペーパーでもいいですが、破れやすく、製品によっては失敗することも…。 その間トイレは使用できません。 外出する前や家族が誰もいないうちなどにやってみるのがおすすめです。 時間がなければ 2時間程度でもかまいません。 しかし、できるだけ長い時間置く方が効果はあがります。 なので、家族の寝静まる夜がおすすめです。 みんなが寝た後、オキシ漬けを開始しましょう。 詰まります。 なので、燃えるゴミに別で捨てましょう。 きちんと捨ててから、トイレの水をいつものようにジャーっと流します。 一晩漬けた場合、朝起きたタイミングで流せば、迷惑かけずにトイレ掃除は完了です。 ちなみにペーパーなしでもかなりスッキリします。 黒ずみもなくなりますし、除菌にもなります。 漂白・除菌になるオキシ漬けで快適で簡単なトイレ掃除が完了できます。 トイレタンクもオキシ漬けでキレイになる トイレタンクの掃除なんてしたことない…という方も多いのではないでしょうか。 しかし、ここも掃除しておかないと臭いの原因にもなります。 臭いがヒドイ、悪臭に困っている…その原因は実はトイレタンクにあるかもしれません。 ここもスッキリとさせるために、トイレタンクにオキシ液を流し込みましょう。 以前、重曹で漬け込む方法を紹介しましたが、今回はオキシクリーンです。 重曹でもオキシクリーンでもやり方は同じ。 タンクを開けて、オキシ液を流し込むだけです。 6時間放置後、水を流せば完了。 もちろん汚れている箇所はオキシ液でふきとればOK。 カビなども生えている可能性もあります。 しっかり掃除して悪臭を退治しましょう。 トイレの床や壁の掃除にもオキシクリーン トイレの床、壁。 なぜかできる黄色いシミや黒い汚れ。 男の子の家庭は特におしっこが飛んでヒドイことになります…辛い。 そんな困った汚れにオキシクリーンが便利です。

次の

タオルのオキシ漬けのやり方!臭い・黄ばみ・カビを取るには?時間は?

トイレ 掃除 オキシ クリーン

汚れているトイレを猫は使わない• 部屋にアンモニアのニオイが充満する トイレが少しでも汚れていたらオシッコやうんちをしてくれない猫もいるため、1日1回が最低限やらなければならない頻度だといえます。 1日に猫が排尿する回数は1~3回で、1日1回のトイレ掃除ならそれほど汚れません。 「朝ごはんを食べたら必ずオシッコをする」など、何かの行動と結びつけて排尿する猫が多いはずです。 中には「飼い主が食事している最中にオシッコをする」猫もいます。 猫が嫌がらせしているのではなく、ある行動と排尿が結び付いてしまったためです。 飼っている猫もオシッコをするパターンや回数は大体決まっているはずなので、それに合わせて猫のトイレを掃除してあげましょう。 猫のトイレ本体の丸洗いは月1回 毎日オシッコやうんちを取り除いてもだんだんと汚れてくるため、猫のトイレ本体は月に1回は丸洗いする必要があります。 下痢しない猫であればウンチがトイレ本体に付くことはありません。 しかし、オシッコは猫砂がキャッチできなかった分がトイレ本体に少しずつ付着していきます。 猫のオシッコのニオイは強烈なので、月に1回トイレ本体を掃除しておくと、部屋に猫のニオイが充満しなくて済みます。 猫のトイレ本体の掃除は何でする? 猫のトイレ本体は月に1回の丸洗いが必要で、そのときに使う洗剤はどれを選べばいいのか気になる方も多いはず。 クエン酸、重曹、洗剤、オキシクリーン、アルコール、熱湯消毒の6種類の方法を紹介します。 クエン酸 クエン酸はオシッコのアンモニアを中和する働きがある成分で、猫のトイレ本体を掃除する洗剤として向いています。 食品添加物として使えるクエン酸なら、食べ物のpHを調節したり、酸化防止剤としても使ったりしています。 お掃除用のグレードの低いものは口に入れることはできませんが、お掃除用でもでんぷんを原料に作られたものが多く、猫のトイレに使っても無害です。 クエン酸は酸性の性質を持つため、尿のアルカリ性と反応すると中和します。 殺菌効果や除菌効果も期待できるもので、猫のトイレを清潔に保ちやすいでしょう。 クエン酸は無臭で、猫の嗅覚を邪魔しないのも魅力です。 クエン酸を使った猫トイレの洗い方 猫砂を取り除いた猫トイレを、お風呂場や洗面所で丸洗いします。 熱湯を使ってトイレを洗うだけでよく、洗剤を使う必要はありません。 ぬるま湯を入れてから、クエン酸を溶かし入れて30分くらいつけ置きします。 最後にクエン酸水を洗い流したら、猫トイレの掃除は完了です。 重曹 重曹も猫トイレに使って無害で、無臭のため猫トイレの掃除に活用しやすい素材です。 猫トイレの洗い方も、クエン酸を使ったときと同じようにやります。 重曹はそのまま振りかけるとクレンザーの役割を持ちます。 スポンジに粉末状のクエン酸を振りかけてから、オシッコやうんちがこびり付いている部分を擦り落としましょう。 重曹で猫トイレを洗ったときも、最後にクエン酸水をかけると重曹を中和できます。 洗剤 市販の洗剤は香り付きのものが多いため、猫トイレを洗うときに使わないほうがいいです。 トイレに人工的な香りが付いてしまうと、猫は「自分のトイレじゃない」と考えて、その場所で排泄してくれなくなる可能性があります。 猫の嗅覚は優れていて、アロマの香りが付いた洗剤に注意が必要です。 どうしても洗剤で猫トイレを洗いたいなら、香りがない純せっけんを使いましょう。 しかし、猫トイレは熱湯だけでもある程度の汚れは落ちるので、洗剤を使う必要はありません。 熱湯を使った猫トイレの洗い方は、ペットショップでも採用しています。 免疫力が弱い子猫や子犬に洗剤を使うとリスクがありますし、熱湯消毒しておけば感染症も防ぐことができるためです。 市販の洗剤を使って猫トイレを洗うなら、オキシクリーンを活用する方法もあります。 オキシクリーンにはアメリカ製と日本製の2種類があるため確認しておきましょう。 アメリカ製のものは界面活性剤が含まれているもので洗浄力は高いのですが、猫への安全性を考えたら、避ける必要があります。 日本製のオキシクリーンには界面活性剤も香料も含まれていないので、猫トイレの掃除に使うことができます。 界面活性剤不使用のオキシクリーンは、天然成分の過酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムで汚れを落とすものです。 酵素系漂白剤はぬるま湯で効果を発揮するため、40度くらいのお湯を猫トイレに張ってから、オキシクリーンを入れてつけ置きしてください。 ハイター• ニオイがあると猫が嫌がる• 猫に有害なものは使いたくない• 除菌や消臭もしたい 猫トイレ特有の理由から、熱湯消毒がおすすめです。 お風呂のシャワーや洗面所のシャワーを使って、一番熱い温度で猫トイレを洗い流します。 火傷のリスクがあるため、手にお湯がかからないよう片面半分ずつやるのがおすすめです。 猫トイレを熱湯消毒すると、猫の病気の原因になる細菌が減ります。 オシッコのニオイも乾いたときには飛んでいるので、熱湯消毒する方法が一番安全でおすすめです。 シーン別猫のトイレ掃除方法 猫のトイレ掃除は、普段のときと下痢しているときでは扱いを変えます。 回虫がいるときにも、感染予防を心がけるようにしてください。 普段のとき 猫がオシッコをしたら、付属のスコップを使って固まった猫砂を取り除きます。 オシッコをした直後はまだ猫砂が固まっていないことも多く、少し時間を置いてから掃除してあげてください。 猫のウンチはかなり臭いので、排泄したらすぐに取り除きましょう。 排泄後は猫が猫砂をかけてうんちを隠してしまうので、ときどき忘れ去られた固まったうんちが出てくることがあります。 猫砂はときどきすべて取り出して、捨て忘れがあるオシッコやうんちを除去しましょう。 猫が下痢をしたとき 猫によっては飼い主さんがトイレを掃除していると、見に来る場合があります。 排せつ物のニオイは猫にとって隠したい存在で、獲物にニオイで察知されないためにも、猫砂で隠そうとします。 その排せつ物を飼い主さんがほじくり返しているので、猫にとっては気になる行為なはずです。 もしかしたら、「縄張りに手を出すものがいる」と縄張り意識を持っていて、猫は警戒しているのかもしれません。 飼い主さんがトイレを処理した直後に猫が排泄するなら、掃除されてニオイがなくなったことを不安に感じて、またニオイを付けようとしているのでしょう。 または、「飼い主さんがトイレをちゃんと綺麗にしているのかな?」と見に来ている可能性もあるでしょう。 猫は綺麗好きで、トイレが少しでも汚れていると気になる猫は、厳しいチェックが入ります。 猫が怒る.

次の