フォークリフト 学科 問題。 フォークリフトのテクニック

教習機関リスト:フォークリフト

フォークリフト 学科 問題

2019年04月12日 フォークリフトの免許(資格)を持っていると働ける仕事の幅が広がり、キャリアアップに繋がります。 これからフォークリフトの免許を取得したいと考えているなら、免許取得までの道のりについて知っておきましょう。 ここでは、フォークリフトの免許取得のための「講習内容(学科・実技)」「講習にかかる期間や時間」「免許の種類」についてわかりやすく解説していきます。 まずは、学科講習の内容から見ていきましょう。 主な講習内容は次のとおりです。 原動機(エンジンもしくはバッテリー)• 動力伝達装置(ギア、アクセル)• 走行装置(タイヤ)• かじ取り装置(ハンドル)• 制動装置(ブレーキ)• 方向指示器(ウインカー)• フォークリフトの荷役装置には2本のツメ状の「フォーク」のほか、棒状の「ラム」や、バケツ状の「パケット」など異なるアタッチメントもあります。 運ぶ荷物の形状に合わせて適したアタッチメントを選ばなければいけません。 主な講習内容は次のとおりです。 荷役装置• 油圧装置(安全弁を含む)• ヘッドガード• バックレスト• 主な講習内容は次のとおりです。 力の合成• 力の分解• 力のつり合い• 力のモーメント• 重心及び物の安定• 速度及び加速度加重• 主な法律は「労働安全衛生法」で、これは「労働者の安全と健康」を守るための法律です。 主な講習内容は次のとおりです。 労働安全衛生法• 学科講習で学んだ取り扱い方法を実践で活かせるチャンスですが、実技講習では何より「安全確認」を重要視されます。 フォークリフトの搭乗前、走行後は「安全確認ができているか」を教官から厳しくチェック・指導されたという方も大勢いるようです。 荷役操作の実技講習では搭乗前の安全確認のほか、荷物の安全確認や停止時のサイドブレーキなど、確認事項が増えます。 単純な走行だけでなくフォークを動かすレバー操作なども加わるため、「正しく操作しながら確認事項を全て声出し(指差し)確認できるか」がポイントです。 また、実技講習で不備があった場合、講習後に補習で呼び出されるケースもあるようです。 通常、フォークリフトの教習では計35時間の講習が必要です。 一般的には次のような日程で学科講習と実技講習を受講し、フォークリフト免許取得となります。 そのため、各条件により以下のように講習時間が異なります。 ただし、仕事の都合などで「平日しか教習を受けられない」「土日しか教習を受けられない」という方も大勢いるでしょう。 この場合、週を跨いで教習を受けることになるためフォークリフト免許取得にかかる期間は長くなります。 たとえば、土日のみで合計5日間の教習を受ける方の場合、免許取得まで最低3週間の期間が必要です。 フォークリフト運転技能講習を修了し晴れて免許を取得した際は、「フォークリフト運転技能講習修了証」が発行され、フォークリフトの規模にかかわらず勤務先で運転可能となります。 しかし、倉庫内作業や工場勤務などで「フォークリフトの免許を持っていないのに走行している人」を見かけたことはありませんか?実は1t未満のフォークリフトに限り、各事業者の特別教育を受けることで運転が許可されています。 次で詳しく見ていきましょう。 それぞれの特徴は以下のとおりです。 免許の名称 運転可能なフォークリフトの規模 証明書交付 教習機関 フォークリフト運転技能講習 1t以上 厚生労働大臣が指定する機関 都道府県労働局長登録教習機関 フォークリフトの運転の業務に係る特別教育 1t未満 事業者 事業者 つまり、1t未満のフォークリフトなら運転技能講習を受けなくても運転できる可能性があります。 特別教育の有無は事業者によって異なるため、求人応募前に確認しましょう。 ただし、講習の所要時間は次のように異なります。 所要時間の違いは以下のとおりです。 実技講習の内容 運転技能講習の所要時間 特別教育の所要時間 走行の操作 20時間 4時間 荷役の操作 4時間 2時間 計 24時間 6時間 事業者の特別教育を受ける場合、学科・実技合わせて12時間の講習で1t未満のフォークリフトを運転できるようになります。 フォークリフト免許の取得を検討している方は、ご自身の都合や操縦したいフォークリフトの規模に合った免許を取得しましょう。 運転技術は慣れるまで難しいですが、免許を持っておくと仕事の幅が広がるため、取得する価値は十分にあります。 ただし、受講日数(所要時間)は所持する運転免許証の内容によって異なるため、事前に確認してスケジュールを組んでおきましょう。 SGフィルダーのお仕事では「資格取得支援コース」を通して、フォークリフトの運転免許の取得支援が受けられます! 本コースでは講習費用の全額または一部が補助され、免許取得後より高収入なお仕事の紹介が可能。 働きながらお得にフォークリフトの免許を取得するなら、この機会にSGフィルダーでお仕事を始めてみませんか? この記事を読んだ人はこんな記事もオススメ•

次の

フォークリフト資格の取り方!簡単?嘘だと経験者は語る

フォークリフト 学科 問題

フォーリフト講習の学科試験 ほとんどの学科試験は4択式で、誤ったものを1つ挙げなさいという出題が多い。 フォークリフトの走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 配点30点 合格点12点 フォークリフトの荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 30点 合格点12点 フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識 20点 合格点8点 法令および規則中のフォークリフトについての規則に関する知識 20点 合格点8点 項目別に出題されますので、それぞれの項目で4割の正解が項目の合格ラインとなり、更にすべて項目の合計が60点以上が合格となります。 従って上記合計100点の出題では、すべての合計で60点以上とっていても、力学が12点に達していなければ不合格となります。 「走行」に関する出題は、普通自動車免許を持っている方は免除されますので、 70点満点となり、各項目で40%以上、項目合計で42点以上が合格となります。 試験時間は60分で、解答が終われば退席できます。 試験終了後10分ほどで結果が発表されます。 合格者は、終了証を受領し帰宅できますが、不合格の場合は補講となります。 減点基準 走行の操作 減点数 5点 3点 2点 乗車 1. 右側からの乗車 2. 飛び乗りをする スタート線からの発進 1. 車の前後、その他の安全確認を行わない フォークの高さが高すぎる 1. マストを後傾しない 2. サイドブレーキ戻し忘れ 3. 左手でハンドルのノブを握っていない 走行 荷積みパレットを支持した状態を含む 1. コースから脱輪 2. ゲート又は障害物に接触 1. 前進時 荷積みパレットを支持した状態 の急停止 2. フォークの高さが高すぎる 荷積みパレットを支持した状態 3. 後退時に安全確認を行わない 1. 前後進のやり直し 2. 屈折コース走行時に徐行しない ゴール線での停止む 1. サイドブレーキが不完全 2. フォークを地上に下ろさない 1. 停止位置不良 2. 変速レバーを中立に戻さない 3. マストを垂直に戻さない 下車 1. 飛び降り 減点基準 荷役の操作 減点数 5点 3点 2点 積み取り 1. パレットを急降下させる 1. フォークがパレットに正対していない 2. 2本のフォークの中心がパレットの重心に向いていない 3. フォークの高さが不良 4. マストを前傾しない 5. フォークのさし方が不良 6. パレットが地切れするまでリフトしない 7. マストを後傾しない 取りおろし 1. パレットの取りおろし位置が著しく不良 2. パレットを急降下させる 1. パレットが取りおろし位置が不良 1. パレットが取りおろし位置に正対していない 2. フォークの高さが不良 3. フォークの抜き方が不良 減点基準 その他全般的事項 減点数 5点 3点 2点 その他 1. 発進操作や走行操作が不良 急発進・ギヤ鳴り・エンストなど 2. 荷役操作が粗暴 3. 所要時間が熟練者平均の2倍以上の時 30秒を超過する毎に更に2点を減点.

次の

学科一発合格!フォークリフト免許学科試験問題に出た用語集&問題集と費用を簡単に!

フォークリフト 学科 問題

フォークリフト実技試験 手順 車体廻り点検チェック• 左後輪OK• 左前輪OK• マストOK• チェーンOK• フォークOK• マフラーOK• 水、油OK• 右後輪OK• 右前輪OK• 燃料キャップOK エンジンスタートしてコースに出ます• 後ろ良し• 前良し• シートに座りシートの前後調整• ミラーを左右調整しミラー良し• エンジン始動• リフトを少し上げます• マストを運転席側に寄せます• 右良し• 左良し• 後ろ良し• 前良し• ギアを前進に入れます• サイドブレーキを解除し発進 荷物が載ったパレットを取りに行き元の位置に戻る• パレットの前に停止します。 サイドブレーキをかけます• ギアのニュートラルに入れます• フォークを水平にします• フォークをパレットが入る位置にまで上げます• 右良し• 左良し• 後ろ良し• 前良し• 前進しフォークをパレットに 15cm残し差します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• パレットをフォークで少し上げます• 地切り(じぎり)OK• 右良し• 左良し• 前良し• 後ろ良し• ギアをバックに入れます• サイドブレーキを解除します• 15ンチくらい後進します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• フォークを下げパレットを置きます• フォークを少し下げパレットに当たらないようにする• 右良し• 左良し• 後ろ良し• 前良し• ギアを前進に入れます• サイドブレーキを解除します• 前進してフォークをパレットに奥まで差します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• フォークを上げパレットを上げます• 地切(じぎり)良し• 右良し• 左良し• 前良し• 後ろ良し• ギアをバックに入れます• サイドブレーキを解除します• 後進します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• フォークを下げます• マストを手前に引きます• 右良し• 左良し• 前良し• 後ろ良し• ギアをバックに入れます• サイドブレーキを解除します• 後進で元の位置に戻ります。 前進でクランクを通ってパレットを置き後進でゴールまで• 右良し• 左良し• 後ろ良し• 前良し• ギアを前進に入れます• サイドブレーキを解除します• 前進の場合は乗用車と違い曲がる時はフロントタイヤをなるべくインに向けハンドルは切り過ぎない• 台の前に止まります• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• マストを手前にしリフトを水平にします• フォークを台の上まで上げます(エンジン式の場合アクセルを踏んでレバーを操作するとリストの上がりが速いです)• 右良し• 左良し• 後ろ良し• 前良し• ギアを前進に入れます• サイドブレーキを解除します• パレットを15センチくらい残し前進します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• フォークを下げパレットを台の上に置きます• フォークを少し下げてパレットに当たらないようにします• 右良し• 左良し• 前良し• 後ろ良し• ギアをバックに入れます• サイドブレーキを解除します• 15センチくらい後進します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• フォークを少し上げパレットを上げます• 地切(じぎり)良し• 右良し• 左良し• 後ろ良し• 前良し• ギアを前進に入れます• サイドブレーキを解除します• パレットが台の中央になるまで前進します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルにします• フォークを下げパレットを台の上に置きます• フォークをパレットから抜けるように下げます• 右良し• 左良し• 前良し• 後ろ良し• ギアをバックに入れます• サイドブレーキを解除します• フォークがパレットから抜き台にぶつからない程度に後進します• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• フォークを下げます• マストを手前にしフォークの先を上向きにします• 右良し• 左良し• 前良し• 後ろ良し• ギアをバックに入れます• サイドブレーキを解除します• 後進しながらゴールまで行きます• 車体をまっすぐに停車させます• サイドブレーキをかけます• ギアをニュートラルに入れます• マストを手前からに移動させフォークを水平にします• フォークを下げます• マストを調整しフォークの先が地面に着くように調整します。 エンジンを切ります• 後ろ良し• 前良し• 2か所のグリップを持ちうしろ向きで降ります。 フォークリフト実技試験まとめ• フォークを上下させる時は必ずサイドブレーキをかけてギアをニュートラルにしてから行います。 フォークリフトを移動するときは「右良し、左良し」前進の場合「後ろ良し、前良し」後進の場合「前良し、後ろ良し」となります。 最後に検定があります。 テクニックよりも「地切り良し 右良し 左良し 前良し 後ろ良し」等の安全確認が重点されます。 掛け声を忘れると一声3点の減点になります。 持ち分100点満点から70点で合格です。 今回の私の組は100点が2人いました。 そのうちの1人が私の同僚だったのでうれしかったです。 以上フォークリフト実技講習検定試験の順序を簡単に覚える方法でした。 最後まで閲覧ありがとうございました。

次の