オーバー シュート コロナ。 オーバーシュート、ロックダウン… 新型コロナで片仮名乱発「分かりづらい」

新型コロナの先に悪夢、「DXは所詮バズワード」病のオーバーシュートが来るぞ

オーバー シュート コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大で「オーバーシュート」や「アウトブレイク」「パンデミック」など、普段はあまり聞き慣れないカタカナ用語が飛び交っています。 意味がよくわからず困っているという方も多いのではないでしょうか。 ウイルスに関する重要な内容を正しく理解できなければ、不要なトラブルに繋がる可能性もあるので注意が必要です。 そこで今回は、最近頻出しているカタカナ用語について詳しく解説していきます。 オーバーシュートの意味• 「行き過ぎる」「度を越す」などの意味がある「オーバーシュート」は、有価証券価格の「行き過ぎた変動」を指す金融証券用語として主に使われています。 しかし、新型コロナウイルスが猛威を振るう現状では、「予測以上の爆発的な感染拡大」を意味する言葉としても用いられるようになりました。 オーバーシュートは感染爆発だけではなく、「予想以上の」が含まれるという点が重要です。 オーバーシュートが発生すれば、「ロックダウン 都市封鎖 」の実施や「非常事態宣言」が発令される可能性もあります。 ただし、オーバーシュートは感染者の絶対数ではなく「予想の範囲か否か」によって判断されるため、その対応に慎重さが求められています。 パンデミックやアウトブレイクとの違い• 新型コロナウイルスに関する報道では、オーバーシュートだけではなく「パンデミック」や「アウトブレイク」などの言葉も多用されています。 それぞれの言葉の意味を見ていきましょう。 アウトブレイク アウトブレイクは「日常的な発生頻度を超えた感染症の発生」を意味します。 通常の発生レベルを超えた感染症の発生はすべてアウトブレイクとみなされるため、院内感染によるアウトブレイクも起こり得ます。 エピデミック 「一定期間内に一定の地域における、通常の予測を超えた感染症の急激な発生」がエピデミックです。 エピデミックの原因としては、おもに下記が考えられています。 ウイルスの急激な増加• ウイルスの毒性変化 エピデミックは、特定の地域や国内だけではなく、数か国にまたがって発生することもあります。 パンデミック 「エピデミックが発生した感染症が広範囲で同時流行した状態」がパンデミックです。 ウイルスの種類によっては、パンデミックによって多数の死者が出ることもあります。 なお、パンデミックは「世界的大流行」とも呼ばれます。 感染症流行の過程• 感染症のなかでも広く知られているのは、季節性インフルエンザでしょう。 季節性インフルエンザは、毎年冬季に北半球で局所的に流行 エピデミック します。 A型、B型のインフルエンザは過去にほとんどの人が感染して免疫を持っているため、爆発的な感染をするケースは稀です。 しかし、新型のウイルスに対する免疫を持っている人はいないので、感染者の増加 エピデミック を引き起こしやすくなります。 エピデミックの例では、重症急性呼吸器症候群 SARS が有名です。 2002年11月16日に中国南部にある広東省で発生したSARSは、インドよりも東のアジアとカナダを中心に32の地域や国に拡大していきました。 2003年3月12日にWHOがグローバルアラートを発してから同年7月5日の終息宣言までに、8,000人を超える感染例が報告されています。 予想以上に感染が拡大したウイルスを制御できなければ、国境や大陸を越えた世界的な大流行 パンデミック が起こります。 パンデミックはウイルスの感染力だけではなく、人口密度や移動ネットワークもあと押しするので、現代では時期や場所を問わず起こり得ると考えていいでしょう。 毒性の強いウイルスがアウトブレイクを繰り返すケースもあります。 エピデミックやパンデミックの発生はウイルスの特性によっても異なりますが、新型コロナウイルスには下記のような特性があったために、パンデミックが発生したと考えられています。 無症状でも感染力がある• 感染者の8割前後は軽症か無症状 新型コロナウイルスは水面下で感染を拡大させる生存能力に長けたウイルスといもいえます。 まとめ 普段聞き慣れない言葉を耳にする機会が増えたということは、それだけ新型コロナウイルスの感染が世界的な問題になっていることを意味します。 意味がわかりづらいと他人事のように感じられてしまいますが、すでに身近で起きているという認識が必要です。 感染症は新型コロナウイルスだけではありません。 季節性のインフルエンザウイルスも毎年多数の死者を出しています。 感染症に関わる用語や、それぞれの対策法などを知って、感染症の拡大防止に役立てていきましょう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

(2ページ目)【新型コロナウイルス】コロナ「オーバーシュート」懸念も…専門家会議の無策無力|日刊ゲンダイDIGITAL

オーバー シュート コロナ

「日本の行政機関が使う片仮名表記の英語は適切なのか」との声が「読者とともに 特別報道室」に寄せられた。 新型コロナウイルス感染症が世界的な拡大を見せる中、連日、聞き慣れない言葉が飛び交う。 「分かりづらい」という意見に加え、本来の意味から外れた使用に対して違和感を唱える人もいる。 パンデミック(世界的大流行)、クラスター(感染者集団)、オーバーシュート(爆発的患者急増)、ロックダウン(都市封鎖)…。 新型コロナを巡り、行政機関の発表や記者会見で使用されている言葉だ。 いかにも医学的な専門用語に聞こえるが、実は全てが専門用語というわけではない。 特に「オーバーシュート」の元々の意味は「行き過ぎる」「(的を)外す」「超過する」など。 金融市場や統計で用いられることが多く「爆発的な感染者急増」といった語義はない。 専門家はどう見ているのか。 東北大病院感染管理室長の徳田浩一特命教授(感染制御学)は「オーバーシュートなどは医学的にはなじみがない」とし、「専門家会議などは、国民に危機感を持ってもらうためにあえて使ったのではないか」と推測する。 英語圏で暮らす人からも異論が出ている。 仙台市で高校生活を送ったニューヨーク州弁護士の旦英夫さんは、在米40年以上。 「新型コロナの英語圏の報道でクラスターやロックダウンは使うが、オーバーシュートを感染爆発の意味で使っても通じないだろう」と指摘する。 片仮名の言葉を多用する状況に、閣僚からも疑問の声が上がっている。 河野太郎防衛相は24日の記者会見で「日本語で言えることをわざわざ片仮名で言う必要があるのか。 分かりにくいという声が出ている」と発言した。 菅義偉官房長官も「可能な限り分かりやすく丁寧な説明に努めたい」と見直す考えを示している。 科学コミュニケーションを専門とする東北大東北メディカル・メガバンク機構の長神風二特任教授は「一般市民にとって片仮名表記の用語が分かりにくいのは事実だ」と強調。 「できるだけ日本語に置き換え、状況に応じて表現を変えていく柔軟さも必要ではないか」と提案した。 (佐藤素子、菊池春子).

次の

【新型コロナウイルス】コロナ「オーバーシュート」懸念も…専門家会議の無策無力|日刊ゲンダイDIGITAL

オーバー シュート コロナ

3月19日に新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が開かれ、「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」が出され、以下のように報道されています。 現状は何とか持ちこたえており、拡大防止の取り組み強化が必要だとする一方、感染が確認されていない地域では学校活動や屋外スポーツなどの再開も奨励した。 政府は、臨時休校などの自粛要請の一部を解除する方針だ。 出典: これを読むと、一見「対策は上手くいっていて、自粛も解禁して良いんだな」と思ってしまわれる方もいらっしゃるかもしれません。 こころなしか都内も自粛ムードがやや緩んでいるような・・・しかし、この専門家会議のメッセージは「自粛解禁OK」ではありません! 新型コロナ患者が報告されていない、あるいは報告数の少ない地域についてはリスクの低い活動から徐々に解除することを検討となっていますが、患者数が増加している地域についてはより一層の警戒が必要、というのが専門家会議のメッセージです。 オーバーシュート(感染者の爆発的増加)を起こさないために我々にできることを再確認しましょう。 日本の患者増加は比較的抑えられている 国別の累積感染者数の推移(「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」2020年3月19日) 図は専門家会議の提言からの資料ですが、日本は1月中旬から武漢からの輸入例が報告されており、当初は中国を除いて最も症例数の多い国の一つでした。 日本以外にもタイ、シンガポール、韓国など中国との往来の多い国で症例が多く報告されていました。 ところが、2月下旬頃からイタリアで爆発的な患者増加が報告され、その後ドイツ、スペイン、フランスなどヨーロッパ諸国でも患者が急増しています。 図にはありませんが、現在アメリカでもニューヨーク州を中心に患者が急増しています。 これらの欧米諸国は患者の爆発的な増加に対してロックダウン(都市閉鎖)やそれに準じた対応を余儀なくされています。 それに比べると日本の対策は上手くいっているように見えます。 しかし、油断は禁物です。 都市部ではジワジワと患者数が増加している 3月21日時点での東京都での新型コロナ陽性患者数(東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトより) 確かに日本での新型コロナ患者の数は欧米諸国と比べると増加のペースは緩やかですが、都市部では確実に増加してきています。 図は東京都における陽性患者数の推移ですが、東京都だけでなく大阪府、兵庫県、愛知県などではジワジワと患者数が増えてきています。 実際に都内で診療していても、2週間前と比べると明らかに陽性患者の数が増えていることを実感しており、実に不気味な気配を感じます。 感染を広げているのは残り2割の患者であり、この2割の感染者が広げた環境は多くが「密閉・密集・密接」の3要素を持つ空間(3密空間と勝手に命名)であったことも分かっています。 によると、このような「3密空間」にいる感染者は、いない感染者よりも18. 7倍も他の人へ感染させやすいとのことです。 逆に「3密空間」にいない8割の感染者からはほとんど感染は広がっておらず、感染の連鎖は勝手に途切れていきます。 とにかく「3密空間」が感染拡大の大きな原因です。 クラスター発生リスクの高い3つの密(首相官邸HPより) クラスターの連鎖、メガクラスターの発生で日本もオーバーシュート(爆発的増加)が起こりうる 日本でこれまで欧米諸国よりも流行が広がっていないのは、もちろん国民の皆さまが手洗い・咳エチケットなどの感染予防を徹底したおかげという側面もあるでしょう。 しかし、大規模なクラスターであるメガクラスターが発生していないことや、クラスターから生じた感染者が別のクラスターを生み出すクラスターの連鎖が起こっていないことが大きな要因の一つと考えられます。 例えば、韓国での感染者増加の契機となった大邱市の新天地教会での感染者数は4000人以上です。 イタリア、スペイン、アメリカなどでも一部の地域で集中的に指数関数的に患者数が増加しており、メガクラスターの発生やクラスター連鎖が起こっているものと考えられます。 このようなメガクラスターが発生してしまえば、日本もあっという間に症例数が爆発的に増えてしまい、本来必要な医師や人工呼吸器の数を超えることで十分な医療が受けられない患者さんが多く出てしまいます。 また日本国内で患者数が爆発的に増加してしまえば、武漢市やニューヨーク市などのようにロックダウン(都市閉鎖)を行わざるを得なくなるでしょう。 オーバーシュート(感染者の爆発的増加)を起こさないために我々にできることは? 日本は今、なんとか社会の機能を維持しつつ、綱渡りの状態で新型コロナ対策を実行しこれまでのところ上手くいっています。 しかし、ヨーロッパなど新型コロナ流行地域からの帰国者の陽性例が増加してきており、これらの海外からの持ち込み例による感染拡大も懸念される状況です。 オーバーシュート(感染者の爆発的増加)を起こさないためには、とにかく「3密空間」を避けることが大事になります。 これまでのクラスターの事例では若い方はあまり多くありませんが、これは若年者が軽症例が多いためクラスターの検知が困難であると考えられています。 若者がクラスター発生に関わっていないわけではありませんし、むしろ見つかりにくいがゆえに気づかないうちに感染を広げてしまう危険性があります。 老若男女、全ての人が「3密空間」を避けることが新型コロナ対策では重要です。 逆に、この「3密を満たさない空間」では感染伝播は比較的起こりにくいと考えられます。 特に感染者が出ていない、あるいは少ない地域ではこうした「3密を満たさない空間」における活動の自粛は段階的に解除していくことも可能と考えられます。 例えば花見なども周囲の人との距離が保たれていれば感染のリスクが高くないと考えられます(ちなみにさっぽろ雪まつりは屋外の雪像周囲ではなく雪まつりのイベントに関連した屋内施設がクラスターになったと推定されています)。 飲食店でも常に窓を開けて換気を良くし席の間隔を広くするなど「3密空間」を避けることでクラスター発生のリスクを下げることができます。 都市閉鎖という大きな犠牲を払って感染を抑え込んだ武漢市と違い、社会の機能をなんとか維持しつつ感染者を抑え込むことができれば、日本は新型コロナ対策のモデルとして世界中から参考にされることでしょう。 日々大変な状況が続いていますが、みんなで協力してこの難局を乗り切っていきましょう。

次の