仏壇 鐘 名前。 仏壇の「チーン」となるアレ。どのくらいご存知ですか?|終活ねっと

鈴 (仏具)

仏壇 鐘 名前

仏具を飾る 仏具を飾る 毎日、おまいりする仏壇を仏壇らしくするには、仏壇のなかに本尊、位牌を安置するだけではなく、花立や燭台、香炉などの仏具を飾って、はじめて完成します。 仏壇に仏具を飾ることを「荘厳 しょうごん する」といいます。 荘厳はサンスクリット語で「見事に配置されていること」という意味で、さまざまな仏具で仏壇を飾って、はじめて仏壇になるのです。 揃える仏具は宗派によって違いがありますので、仏具を選ぶときは信頼できる仏壇店と相談しながら購入するのが一番です。 仏具の素材もさまざまで、木製、銅器、陶器、金襴(繊維)、樹脂などでできており、素材によって価格もかなり違います。 また仏壇に合わせて、仏具の大きさを選ぶことも大切です。 大きすぎれば、仏壇内がうるさく感じられますし、小さすぎると、さみしく感じます。 漠然と仏具を揃えると、仏壇内の統一性がなく、美しく見えないことがあります。 見事に荘厳した仏壇にするためにも、仏壇店と相談をしながら選ぶとよいでしょう。 仏具の飾り方 仏具荘厳の基本は香炉 こうろ ・花立 はなたて ・燭台 しょくだい です。 三具足 みつぐそく 、五具足 ごぐそく といい、これを基本に荘厳していきます。 三具足は香炉、花立、燭台で、中央に香炉を置き、向かって右側に燭台、左側に花立を置きます。 五具足は花立と燭台が対となり、中央に香炉、その両脇に燭台、さらにその両脇に花立を飾ります。 五具足が正式な飾り方ですが、小さい仏壇の場合は三具足でよいです。 香炉 線香や抹香をたくもので、玉香炉と前香炉があります。 小さい玉香炉は本尊前に安置し飾り香炉とします。 一般には広口の前香炉を線香を供えるために使います。 三本足の香炉は一本足を手前にして置きます。

次の

様々なお仏具のご紹介|お仏壇の浜屋

仏壇 鐘 名前

仏壇にある仏具!名前と使い方を解説 仏壇には様々な 仏具が配置されていたり 飾られていたりします。 ここでは、 仏壇にある仏具それぞれの 名前と使い方を以下に解説させて 頂きたいと思います。 香炉 香炉とは、 お線香や抹香を たくための仏具です。 上香炉はご本尊様の前に配置し、 飾り香炉として使用します。 お線香をたくときには、 広口の前香炉を使用します。 お線香をたく行為は、 その香りを仏様に 献じる意味とお参りする人に対する お浄めの意味があります。 花立て 仏様にお供えする 生花または常花 (蓮の花をかたどった金属のお花)を 飾る仏具がこの 花立てです。 この花立てに飾る生花は 匂いのきついものやバラなどの とげのある花は使用しないように しましょう。 ろうそく立て ろうそく立ては、お参りするときに 火を灯すろうそくを立てる仏具です。 ろうそくを灯すと煩悩の闇を消す効果が あるとされています。 この ろうそく立ての細工は 宗派によって異なるようです。 仏器(ぶっき) 仏器は 仏様やご先祖様にお供えする 炊き立てのご飯を入れる仏具です。 仏器膳(ぶっきぜん) 仏器膳は、上記でご紹介しました 仏器を載せる仏具です。 前卓(まえじょく)・上卓(うわじょく) 前卓・上卓は、 お香とお花、灯を お供えする台です。 前卓は須弥壇の前の中段、もしくは 下段に置き、上卓は宮殿(くうでん)の 前に置いて使用します。 高坏(たかつき) 高坏は、 仏様やご先祖様にお供えする お菓子や果物をのせる仏具です。 仏壇の中央か、仏壇下段の左右に 一対で配置します。 りん りんは、 お参りする人の邪念を払い、 読経の開始を知らせる仏具です。 線香差し 線香差しは、仏壇でお参りするときに 使用する お線香を入れておく仏具です。 マッチ消し マッチ消しは、 マッチの燃えカスを 入れておく仏具です。 灯籠 灯籠は、仏様やご先祖様のお位牌など 仏壇の内部を明るく照らす仏具で、 左右一対で使用します。 吊灯籠と置灯籠があります。 瓔珞(ようらく) 瓔珞は、 仏様の世界をきれいに 飾るために仏壇につりさげる仏具です。 伏鐘(ふせがね) 伏鐘は、台座の上に配置し、 撞木 (しゅもく)を使用してお経に 合わせて叩く仏具です。 木魚 木魚は、 読経の時に使用される仏具です。 魚は常に目を開いた状態であるため、 読経の際に眠らないようにという 意味が込められている、 魚を模した形の仏具です。 供花(くげ) 供花は、高坏と同じようにお供えの お菓子や果物、お餅をお供えする仏具です。 主に浄土真宗などで使用されます。 打敷(うちしき) 打敷は、 上卓や前卓を飾る布です。 浄土真宗では三角形、そのほかの 宗派では四角形の打敷が使用されます。 経机(きょうづくえ) 経机は、 仏壇の前に配置し、読経の際に 香炉、ろうそく立て、線香差し、りん、 マッチ消しなどを置いて使用します。 りんの鳴らし方!回数は何回?意味はあるの? りんの鳴らし方は、 上からたたいて 鳴らす方法と、横からたたいて 鳴らす方法があります。 どちらの鳴らし方をする場合も、 りん棒を弾ませるようにして りんをたたくと良い音が響きます。 気を付けなくてはいけないのは、 りんの周囲にはろうそく立てや お線香立てがありますので、 横からたたくとこれらを倒してしまう 可能性がありますので、 横からたたくときはろうそく立てや お線香立ては移動させておくように しましょう。 りんを叩くときはりんのふちを りん棒でたたくようにすると、 横からたたく場合であって お線香立てやろうそく立てを 倒さなくて済むのでおすすめです。 りんは上記でもすでにご紹介して おります通り、 お参りする人の邪念を 払い、読経の開始を知らせる仏具です。 この りんを鳴らす回数には 特に決まりはありませんので、 鳴らす回数は1回でも2回でもOKです。 youtubeでりんはいつ鳴らすのかと りんの置き場所を紹介している 動画を見つけましたので、ぜひ、 ご覧になっておいてくださいね。 まとめ 仏壇にある 仏具には、香炉、花立て、 ろうそく立て、仏器(ぶっき)、 仏器膳(ぶっきぜん)、前卓 (まえじょく)・上卓(うわじょく)、 高坏(たかつき)、 りん、線香差し、 マッチ消し、灯籠、瓔珞(ようらく)、 伏鐘(ふせがね)、木魚、 供花(くげ)、打敷(うちしき)、 経机(きょうづくえ)などがあり、 上記でご紹介しましたように、 それぞれに異なる意味や 使い方があります。 仏壇をお参りするときに使用する りんはお参りする人の邪念を払い、 読経の開始を知らせる仏具と されています。 このりんを鳴らす回数には 特に決まりはありませんので、 1回鳴らしても2回鳴らしても 全く問題ありません。 りんを叩くときはりんのふちを りん棒でたたくようにしましょう。 こうすると、上からたたく場合で あっても横からたたく場合であっても お線香立てやろうそく立てを 倒さなくて済みますよ。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の

仏壇

仏壇 鐘 名前

この記事の目次• 仏壇に置いてある鐘(かね)について基礎知識を知ろう! 仏壇に置いてある鐘(かね)の正式な名前は多くあり、 鈴(りん)と呼ばれることもあります。 この記事では鐘(かね)と表記します。 仏教の宗派によって鐘の名前は異なり、 天台宗や浄土真宗では鏧(きん)、浄土宗では小鏧(しょうきん)と呼ばれることもあります。 大きさは直径 7~15cm程度が主流ですが、さまざまなサイズがあります。 寺院で使用される直径 18cm以上の大きなものは磬子 きんす・けいす とも呼ばれており、縁も厚くなっています。 鐘はシルジン青銅や、砂張という金属を使って作られている物が多いです。 高価なものでは 純金や、純銀で作られるものもあります。 鈴(りん)は鈴台と呼ばれる台座に置かれており、鈴と鈴台の間に鈴布団という中敷をひきます。 また金属製の足と一緒になった、高台りんといわれる仏具もあります。 鐘と一緒に置かれている棒は、 鈴棒(りんぼう)や、撥(ばち)と呼ばれ、硬い材木で作られています。 音をよくするために、鹿革が巻いてある物もあります。 仏壇の鐘を鳴らす意味はなに?どんな時に鐘を鳴らすの? 鐘はもともと禅宗で使われていたのですが、 現在では他の宗派にも広がり使われるようになったようです。 鐘はもともと禅宗で使われていたのですが、現在では他の宗派にも広がり使われるようになりました。 鐘を鳴らすことには、どのような意味があるのでしょうか? 鐘の「チーン」という音は、 人々の邪念を払い、祈りや供養の心を極楽浄土に届けるともいわれています。 この鐘を鳴らすタイミングですが、お経を読み始める時やお経を読んでいる最中、お経の終わりに鳴らされるのが一般的です。 他にも合掌を解く合図として鳴らされることもあります。 つまり鐘はお経を読む時に使われる仏具のため、 お経を読まない時には鳴らす必要はありません。 宗派や菩提寺によっては、鐘を鳴らすタイミングについて定められておらず、いつ鳴らしてもよいという場合もあります。 鐘の鳴らし方や、回数、タイミングについては宗派や菩提寺によって異なるため、 よく分からないという時には菩提寺に聞いてみるとよいでしょう。 正しいお参りの作法!一般的な仏壇のお参りの流れ ここからは実践編です。 親戚の家で仏壇にお参りをする時に、 困ってしまったという経験はありませんか? ここでは正しいお参りの作法やマナーをまとめたので、参考にしてみてください。 まずは、 一般的な仏壇のお参りの流れについて紹介します。 8 最後に一礼して終了 以上が一般的な仏壇のお参りの流れになります。 仏教の宗派によって作法には違いがあるため、家の宗派を事前に聞いておきましょう。 鐘を鳴らさないの?と思った人もいるかもしれません。 鐘はお経を読む時に使われる仏具です。 したがってお経を読まないお参りの時に鳴らす必要はありません。 お供え物を持参する時は、故人が好きなものを準備するとよいのですが、 香りの強い花や、アルコール、生ものは避けたほうが無難です。 また季節の果物を持参する時には 初物を、お菓子であれば日持ちのするものを選ぶようにしましょう。 鐘などの仏具はどこで買えるの?仏壇仏具店や通信販売がオススメ 実際に仏壇や鐘などの仏具が必要になった時には、 どのように購入すればよいか迷いますよね? 直接仏壇や、仏具を自分で見て購入したいという場合は、 仏壇仏具店を利用しましょう。 色やサイズ感などを確認できるのが大きなメリットで、お店のスタッフさんに気になることを相談することもできます。 また仏壇を購入した時には、仏具がセットになっていることもあります。 鐘の値段の相場は小さいものなら 800円程度で、 大きくなるにつれて値段が高くなります。 一般的なサイズなら 3,500円程度で購入できるでしょう。 しかし純金などの高価な物は、 10,000円を超える物もあります。 実際に物を見て購入しなくても「大丈夫~」という場合は、 通信販売を利用すると便利です。 仏壇仏具店が通信販売をしていることもあります。 またネット販売で購入することもでき、 種類、サイズ、値段も幅広い物の中から選べます。 仏壇や鐘をキレイに保つためには定期的な掃除が必要です! 仏壇や鐘などの仏具は、 金属製の物が多く年月が経つにつれて変色してしまいます。 大切な故人を偲ぶ意味でも、まめに手入れしてキレイな状態を保ちたいですよね? ホコリや汚れがたまってから手入れをするのではなく、普 段から手入れをしましょう。 ホコリや香炉から落ちた灰を見つけた時には、その都度キレイにするようにします。 この時に硬い布で拭くと傷がつくこともあるので、 柔らかい布を使うようにしましょう。 また金属製の仏具は、水気が苦手です。 仏具を掃除する専用の洗剤が仏壇仏具店などで売られているため、 それらを活用して水分を残さないように掃除をしましょう。 関連記事• 仏壇や鐘を自分でキレイにできなかったら業者に依頼しよう! 今回は、 仏壇に置いてある鐘の基礎知識や、鐘を鳴らす意味や、お参りの作法についてを紹介しました。 故人の供養をしたい、お参りをしたいとは思っていても、 作法やマナーについてきちんと理解しているという方はあまりいないでしょう。 自宅に仏壇がないという家も多いでしょうし、仏壇のある親類の家を訪れる機会が少ないという方もいるかもしれません。 仏壇の鐘(かね)やお参りの作法について基本を知っていると、 いざという時に慌てなくてすみますよ。 ある程度知識があれば、線香の供え方など家の方に聞かなければならない作法も分かるようになるでしょう。 お盆やお正月に焦らないように、 お参りの作法を身につけておきましょう。 仏壇の掃除が難しい場合は、業者に依頼できます。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 仏壇クリーニングをプロに依頼するなら 仏壇クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の