オートウェイ 事件。 【衝撃!】オートウェイの評判と送料や工賃などを調べた結果とは?!

オートウェイ事件、粗悪ホイールの基準とは?

オートウェイ 事件

この記事のもくじ• | 低品質ホイール、偽ブランドの販売 | さて、朝日新聞によると、「安全基準を満たしていると偽って粗悪なタイヤホイールを販売した」カドでカー用品販売大手「オートウェイ」社長、仕入れ担当あわせて3人が逮捕された、とのこと。 逮捕したのは愛知県警で、容疑は不正競争防止法違反。 いったいどういったことかというと、オートウェイは本来その基準を満たしていないにもかかわらず、JWLマークを勝手に表示した低品質ホイールを安価で輸入し、販売していた、と報じられています。 JWLは国土交通省の定める安心の規格 なお、JWL(Japan Light Alloy Wheel)は国土交通省が品質や基準を定めたもので、これをクリアしたホイールのみがホイール表面に「JWL」を刻印表示できるものの、今回オートウェイは基準をクリアしていないのにJWL表記を行っていて、実際にオートウェイの販売するホイールを検査したところ、「基準を満たしていない」ことが判明。 この経緯としては、まず愛知県警がBBSホイールの偽造品をネット等で販売した男を逮捕。 そのホイールがオートウェイで購入されたものであったことからオートウェイに捜査の手が及んだ、ということになります。 ここでぼくが思ったのは、オートウェイの逮捕者が「社長だけ」ではない、ということ。 仕入れ担当も逮捕されているとの報道ですが、仕入れ担当は一社員だと思われるので、かなり重い判断だということになりますね。 誰がどこまで「虚偽」だと認識していたのか? そしてもうひとつが、最初に「BBS事件」で逮捕された人が、これを偽物であると理解していたかどうか。 もし偽物だと知らず、しかしオートウェイが安価な理由を「傷あり」等として販売していて、この逮捕された人がそれを信じ、本物だと認識してオートウェイから購入した後に転売していたとしたら、ある意味でこの人も被害者なのかもしれません。 さらにオートウェイもこのホイールを偽物だと認識していたかどうか、そしてJWL表示についても虚偽だと認識していたのかどうか。 つまり中国などの「偽」「低品質」ホイール製造元に騙されていたのではないかということですが、オートウェイは「プロ」なのでさすがに仕入れ価格などから疑うべきであり、かつ品質表示についても「ウラ」を取る義務があるとも考えられ、もし騙されていたということになったとしても過失を問われるのは間違いなさそう。 なお、は、報道によると、東証1部上場の自動車情報誌大手「」の完全子会社とのこと。 明日は思いっきり株価が下がりそう そしてオートウェイのサイトを見ると「国内最大級の輸入タイヤとホイールのメガモール」という表記が見られます。 検索してみたところBBSホイールの販売は見当たらず、「」として下記の通り記載があり、違反はしていない、という認識のようですね。 現時点ではどこが悪意をもっていたのかという判断はできませんが、「大手が偽物」「大手が虚偽表示」というショッキングな事件でもあり、続報を待ちたいと思います。 本日、弊社の代表取締役社長、常務取締役及び従業員1名が、 不正競争防止法違反の疑いで愛知県警察に逮捕されました。 これまでも捜査機関による捜査に全面的に協力してまいりましたが、 弊社といたしましてはこのような事態に至りましたことにつきまして、厳粛に受け止め、引き続き捜査に協力をしてまいります。 しかしながら、弊社としましては、不正競争防止法に違反した認識はなく、 この点に関しましては司法当局による判断を待ち、 これまで同様法令順守の徹底に努めてまいります。 お客様やお取引関係者の皆様には多大なるご迷惑ならびにご心配をお掛けしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。 VIA:.

次の

倉元進が逮捕!経歴が凄い。博多華丸・大吉は落胆か?

オートウェイ 事件

この記事はざっとこんな感じ!• オートウェイの社長ら3人が逮捕! オートウェイと言えば、カー用品販売大手で、利用している人もかなり多いですよね。 そんなオートウェイで、安全基準を満たしていると偽って粗悪なタイヤホイールを販売していた事実が発覚しました。 社長、倉元進容疑者(58)と仕入れ担当の男ら計3人が、不正競争防止法違反(誤認惹起(じゃっき))容疑で逮捕されました。 突然のオートウェイ幹部の逮捕に、オートウェイの格安アジアンタイヤユーザーは困惑しています。 報道された内容がこちら 報道された内容がこちらです。 安全基準を満たしていると偽って粗悪なタイヤホイールを販売したとして、愛知県警は13日、カー用品販売大手「オートウェイ」(福岡県苅田町)の社長、倉元進容疑者(58)と仕入れ担当の男ら計3人を不正競争防止法違反(誤認惹起(じゃっき))容疑で逮捕した。 いずれも容疑を否認しているという。 捜査関係者によると、オートウェイは、国土交通省が定める安全基準を満たしている場合にのみ付けられる「JWL」マークを偽装表示した低品質なホイールを中国などから安価で輸入し、通販サイトで顧客に販売していたとみられる。 JWLは、製造者がホイールの耐久性や強度などの試験を行い、国交省が定める品質や性能基準をクリアしたホイールにのみ付けられるマーク。 オートウェイが販売していた海外製の一部ホイールを鑑定した結果、基準不足であることが確認されたという。 県警は2月、人気ホイールメーカー「BBS」の偽造品をインターネットで販売したなどとして会社員の男を商標法違反の疑いで逮捕。 男が販売していたホイールがオートウェイで購入されたものであったことが判明し、関連を調べていた。 オートウェイは1969年設立で、東証1部上場の自動車情報誌大手「プロトコーポレーション」の完全子会社。 「国内最大級の輸入タイヤとホイールのメガモール」をうたって有名芸能人をCMキャラクターに用い、愛知県や北海道など全国4カ所に倉庫を置いてネット販売を展開している。 引用元:毎日新聞 オートウェイでは、国内最大級のタイヤとホイールを販売する企業で、今回の逮捕で戸惑う業者も多くいるようですね。 逮捕された社長を始め、オートウェイでも事実を否認していることから、何らかの疑問は残るようです。 オートウェイがコメントを発表 オートウェイが発表したコメントがこちらです。 オートウェイ不正競争防止法に違反した認識はないと、会社としても否認をしています。 今後の捜査によってどのような判断がされるのか注目していきたいところです。 オートウェイ逮捕でタイヤ販売は中止?どうなる? オートウェイの幹部が逮捕され、オートウェイのタイヤの販売はどうなるのか心配の声が上がっています。 オートウェイでは、アジアンタイヤなどを格安で販売を行っていて、車好きで良く利用している人も多かったようです。 そのオートウェイのタイヤが買えなくなってしまうのは困るとの声が多く上がっています。 現在のところ、 偽装の責任は誰? 今回のオートウェイの幹部逮捕では、人気ホイールメーカー「BBS」の偽造品を販売したなどとして会社員の男が商標法違反の疑いで逮捕されたことがキッカケとなっています。 この逮捕により捜査を進めていったところ、オートウェイでも該当のホイールが販売されていることが分かりました。 その為ネットなどでは、オートウェイではなく、偽造品を販売していた業者に責任があるのでは?との声が多く上がっています。 オートウェイが容疑を否認していることからも、責任は偽造品を販売していた業者にあると考えているのが分かります。 オートウェイによるBBSの格安販売は無くなり、今後も販売されることは無さそうですね。

次の

輸入タイヤでお馴染みのオートウェイ 粗悪ホイールに偽の認証マークつけてたのがバレる 社長ら3人を逮捕

オートウェイ 事件

安全基準(JWL)を満たしていないタイヤホイールを『兵庫県の男性』に販売した• JWLマークがついたタイヤホイールだった• BBSの偽物のマークがついている ということ。 自分のタイヤがJWL安全基準に満たしているかどうかの判断方法は、どうしたらよいのでしょうか。 タイヤにハンコが推してあっても、不正に押されたものの可能性もあるわけですし。 これは、現段階ではオートウェイに直接聞くのが最善策でしょうか。 タイヤの返金方法 タイヤの種類がBBSとしかわかっていない現在、 返金対象かどうか、どういう対応をしてくれるのかはまだわからない現状です。 jp HPからの問い合わせは、以下からジャンプして『お問い合わせ』に飛びましょう。 会社の不正があった場合、よく会社のウェブサイトが開くことができなくなってしまうことがあります。 一気にユーザーが押し寄せていてサーバーダウンってやつかな。 オートウェイの場合も、そのような事態に陥ることがあるかもしれませんので、そういった場合は、 オートウェイが出品している楽天やAmazon店舗の方からお問い合わせするのも一つです。 AutowayをAmazonで見てみる Autowayを楽天で見てみる オートウェイ社長逮捕で販売停止や倒産の影響は? 今回問題になっているのは、オートウェイが国土交通省が定めた保安基準(JWL に満たないタイヤホイールを販売したということ。 捜査関係者によりますと、倉元社長らは去年、兵庫県の男性に、安全基準を満たしていないのに、満たしていることを証明するマークが付いたタイヤホイールを販売したなどとして、不正競争防止法違反の疑いが持たれています。 引用: 現時点では、ホイールが原因となった事故は確認されていないようですが、 安全問題大丈夫なんでしょうか?? オートウェイは 年230万本以上のタイヤをインターネットで販売しているネット通販分野では 全国トップクラス。 私の友人も、先日オートウェイでタイヤを購入したばかり。 オートウェイは地元小売より遥かに安い ウチら車屋の卸値より安い時もある 業界じゃ有名過ぎるネット販売業者やね でだ、大体こういうのって、同業からの妬み僻みで密告されるのよ 売れまくって羨ましいからって理由がほぼ 言っとくけど、基準満たしてないホイール星の数程あると思うぞ — あさやん 旅したい asayan8115 ネットの口コミを見ていると、オートウェイはかなり安いけど、 こういった不正販売はオートウェイ以外でも結構行われていたりするよね、なんて声も。 今後、格安タイヤホイールの販売は減り、 価格帯が大幅に上がる可能性もでてきそうですね。 今のうちに、BBSではない安いタイヤ買っておかなきゃ。。。 — ラリ子様 sexinstructor48 上記の方にあるように、 社長が逮捕されたからといって、すぐに倒産するという影響はなさそうですね。 別の経営者が現れるのか、 別の会社に吸収されるのか。。。 今回の不祥事で評判ガタ落ちになったことは間違いないので、結果的に廃業なんて可能性はゼロじゃないはず。 影響はタイヤ業界に今後大きく出てきそうですね。 安全基準の判定がさらに厳しくなるとしたら、タイヤがもっと効果になるって可能性もあるから、今のうちに信頼できるタイヤをチェックして、購入検討しておこうかな。

次の