死神 騎士 メルセデス。 外伝/隠された素顔

イエリッツァ=フォン=フリュムとは (イエリッツァフォンフリュムとは) [単語記事]

死神 騎士 メルセデス

最初の拍動の時点で言うてるやん! 青組さんをクリアするや否や、流れるように赤組さんを始めたわけだが、1周目のプレイがすべて2周目の伏線として働いているかのようで大変面白い。 周回特典は先生のアップだけ使っている。 4月から1日9食できるぜ! 先生の灰色の胃袋はとつながっているのだよ。 しかし前世であんなにも心を通わせ合ったかわいい教え子たちが、先生のことを初めて見る目で見てくるのがつらすぎる。 先生、きみたちのことを手にかけられるんだろうか……。 とりあえず2周目ではアッシュくん(との支援イベントが良いらしいと聞いたので見てみたい)、(後述)はスカウトするつもりでいるのだが、ディミトリから先生だけでなく彼らまで奪うのはあまりに残酷な気がして、今から心が重い。 以下、2周目視点での赤組さんルート感想と気づいたことのメモ。 青組さんルートとか前回スカウトした生徒とかのネタバレ注意。 エーデルガルトの短剣 2周目を始めて早々に、あああ! と声をあげたシーン。 エーデルガルトの持つ短剣は、青組さんルートであまりに印象に残ったアレだろう。 そうか、このときもずっと持っていたし、このときからすでにプレイヤーに情報は提示されていたんだな。 ガルグ=マクについて「そのうち嫌でも見えてくる」的なコメントをしているのも、教会に対する彼女の嫌悪が伺える気がする。 このあと盗賊をけしかけたこと自体がの計画だったような描写があったが、このときからすでに中身が彼女だとすると、いったい狙いは何だったのか。 盗賊は「貴族のガキどもを何人か殺すだけでいい」と持ち掛けられていた。 誰か特定の生徒を消したかったわけではなく、本当に何人か減らせられればよかった? それとも学校で「不祥事」が起こることが目的?( 引率教員が真っ先にとんずらしてそのまま音信不通というのも割とすごいレベルの不祥事だと思うのだが) あの襲撃事件はエーデルガルトが仕組み、クロードが台無しにしたということでいいのだろうか。 いったいいつの段階で彼女が先生(と級友たち?)の前で正体を明かすのかが気になる。 ていうかいくらベレト先生が聖人でエーデルガルトが教え子だとしても、ジェラルトパパを殺した相手を生徒として扱えなくない??? そのへんどうなるんだ。 まあ、プレイしてのお楽しみか。 そういえば彼女はなぜ「」というネーミングを選んだのだろうか。 「炎の紋章」、あるいはかつてそれを宿していたというネメシスと関係がある? 1周目は赤組さんだから「」でいいのかなーと漠然と思っていたのだが、担任してみてやっと気づいた。 クは黒鷲学級であって、赤は入っていないのだ。 ならどうして赤組さん扱いで彼女は「炎」なの? やっぱり彼女はネメシス側で、セイロスと対決する立場だったり? と死神騎士 1周目はスルーしていたこの台詞、その後に起こることを思い返すと気になって仕方がない。 イエリッツァ先生の方も「……」とかあやしく呟いているし。 これは青組さんの第2部での1シーン。 結局これは何だったの? 死神騎士まわりの話って何も解決してなくない? ひょっとして死神騎士=の弟……いやそんなバカな……。 気になったので死神騎士との初戦時にに協力を要請した。 そうしたらこれである。 1周目のときは 殴りかかろうとしたらこちらが死ぬ未来が見えてすごすごとノータッチで終わらせたので、こんな台詞があるとは知らなかった。 まあ、このあとは死んだんですけどね。 前世で結婚した彼女に残った謎が気になって仕方がないので、とりあえず彼女も赤組さんに引き抜いて様子を見てみようと思う。 これだけはっきりと因縁めいたものが示されているのだから、作中どこかに何らかの形で答えが示されているに違いない。 考えてみると青組さんの中でだけ、過去や実家のことがあまり詳しく語られていない。 の中で時折、国貴族だったことや弟と生き別れたことなどが語られたが、ほかのクラスメイトに比べると描写が薄かった気がする(そしてわたしの記憶もあやしい)。 他クラス絡みでがっつり語られるならそれはそれでおいしいのだが、期待していいかな? ヒューベルトとエーデルガルト はいこういう主従は好きです(即落ち)。 ヒューベルト、青組さん視点で見ていたときは「なんだこいつ怖い……生徒……?」とばかり思っていたが、大変よいキャラだ。 ディミトリとドゥドゥーの「本当は友になりたい」「友として生きられる世界を目指して戦う」主従もよかったが、覇道を行く主と主のために手を汚す従者はド性癖なので。 これからに期待。 青組さんルートで何度も倒してすまんね、ヒューベルト……。 あの不気味ないでたちは近年割とメジャーな「悪役像」になってしまったわけだが(このブログで扱った中ではたとえばとか。 あれも一応あの衣装を着ていた意味は察せられたけど)、もしかするとちゃんと「医者」の格好に意味があるのかもしれない。 つまり彼らは自分たちを「医者」あるいは「世界を治す者」だと思っているとか。 彼らの衣装が白いのもポイント。 この作品において白はセイロス騎士団の纏う色なのだが、あの連中の衣装も白い。 それに対して、ベレト先生は黒い。 このブログで再三言っているとおり、ベレト先生の衣装はっぽいのだ。 本当は先生が世界に災厄を撒く者で、彼らはそれを止めようとしていたりして。 あと敵側の衣装が白いのを見ると「2」を思い出してしまう。 というかこのゲームをやっていると、幻水2を懐かしく思い出すことがしばしばだ(これはわたしにとって最大級の賛辞である)。 旧友との戦場での邂逅って……いいよね……。 リシテアとエーデルガルト 1周目で青組さんにスカウトしたリシテアちゃん。 どうやらエーデルガルトとがあるようで、今回もスカウトを考えている(級長とのは級長のクラスにスカウトしないと見られないんだよな)。 で、とりあえず支援C会話を見たのだが。 エーデルガルトとその兄弟ってひょっとして、リシテアと同じ実験をされた? つまり人工的に紋章を植え付けられる実験で髪が白くなって瞳の色が変わって寿命が短くなった? リシテアと一緒に実験されたほかの兄弟はみんな死ぬか発狂したかで、実験はうまくいかなかった。 10人いたというエーデルガルトの兄弟たちも同じような末路をたどったという。 青組さんルートで見た幼いエーデルガルトは、今とは異なる亜麻色の髪だった。 エーデルガルト被験者説、ありえるかもしれない。 彼女の嫌いなもの「鎖」もめちゃくちゃ意味深だし。 そのときのことが彼女の戦う理由になっているのかも。 ちなみにクリア済み特典でつけ外し可能な紋章が装備品として手に入ったのだが、 ハンネマン先生!!! あなたの研究が完成してますよ!!! というわけで、いろんなシーンで「これは!!!」と驚きながらプレイしている。 どうやら当初予想した以上に、プレイヤーのたどった足跡によってまったく異なる経験ができるゲームのようだ。 さて、先が気になるので今回はこのへんでおしまい。 続きを遊んでくるぞ!! ssayu.

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】死神騎士の倒して闇魔法試験パスを手に入れよう

死神 騎士 メルセデス

総合評価 8. スペシャルマップのクリアで入手できる。 「英雄の聖杯」召喚に追加後は、聖杯を消費して仲間にすることも可能。 所持スキルやステータスを評価基準とし、スキル継承後や限界突破も加味した評価となっています。 初心者オススメ度 キャラの活躍させやすさを評価したものです。 評価が高いほどステータスや所持スキルが整っており、戦闘やイベント攻略などで活躍できるキャラです。 「役割別評価」の評価基準 同一兵種のキャラ全体で見たときの、キャラ個人の各役割における評価です。 限界突破前のステータスや所持スキルを基準とし、スキル継承と限界突破も加味しています。 ほとんどの場所で活躍が期待できます。 その役割において、全キャラでもトップ10以内のキャラです。 全キャラの中でもかなり優秀な部類の性能です。 ステータスや所持スキルがその役割に向き、育成次第でさらに性能が伸ばせます。 その役割を担えます。 突出して優秀ではなくとも、仲間のサポートや育成次第では十分な性能となります。 その役割で活躍させるには平凡な性能で、あまり向いていません。 その役割では活躍はあまり期待できません。 全体の中でも下位で、他のキャラに負けることがほとんどです。 その役割ではかなり厳しい性能です。 その用途で使うのはおすすめできません。 「役割」の評価基準 キャラを個別で見たときに、どのような役割を担えるかを判断しています。 「攻撃性能」で 評価SS〜A がつくキャラが該当。 希少な兵種や、珍しい効果を持つ専用スキルを持つキャラなど、代わりが効かないキャラが該当。 見た目やキャラ設定は除きます。 剣、槍、斧、弓、暗器、獣の攻撃を受ける役割を担える。 主に遠距離魔法の攻撃を受ける役割を担える。 所持スキルによって「遠距離反撃」「近距離反撃」が可能なキャラ。 スキル継承なしで全距離反撃を行えるキャラが該当。 同時に死神騎士のステータスが上昇するため、 「切り返し」などで追撃発動すれば高い火力を見込める。 「サリエルの大鎌」による追撃封じとステータスアップが発動しないと、敵の追撃で倒されやすいため注意。 武器効果が発動する相手に注意 サリエルの大鎌が発動するのは、鼓舞、応援、開放などを受けてステータス強化された敵との戦闘時。 紋章や大紋章など戦闘中に強化されるスキルだけで強化された敵には、大鎌の効果が発動しないため注意。 死神騎士の総合評価 速さで追撃を取る敵を止める騎馬 死神騎士は、配布キャラの中では珍しい「敵は追撃不可」の武器持ち。 一撃で倒されない限りは、強化を受けた速さ型の敵の攻撃を阻止することが可能だ。 見切り・追撃効果持ちと、絶対追撃を持つ高速キャラは止められない点に注意。 継承素材としての死神騎士 死神騎士が星4で習得する「近距離警戒3」が貴重なスキル。 配布キャラなので入手数が限られていることを踏まえ、継承に使う場合は慎重に判断しよう。

次の

イエリッツァのユニット性能・育成法を考察する【FE風花雪月】

死神 騎士 メルセデス

カスパル:喧嘩好き 隣接する敵は戦闘中に回避-10• 斧格闘は射程1戦闘がメインなので活用しやすく、他のユニットが交戦する際にもサポートとして使えます。 敵将ユニットは砦に乗っていることが多く、回避が高めです。 カスパルを添えて命中を高めることは重要。 バルタザールの「格闘王」は発動に手間を要しますがそれなりに優秀。 アロイスもまぁ……悪くない。 問題はラファエルで、実用性が極めて低い。 発生率も回復量も高いとはいえず、正直にいって調整ミスだと思います。 カスパル 技能面だけでいえば、カスパルは全く恵まれていません。 高難度プレイの場合、指揮B〜A騎士団をいかに配備させていくかがポイントとなります。 個別指導を使っていかないと指揮Cまで伸ばすのも大変かと思います。 (これらはバルタザールも同じですが) カスパルとラファエルは「飛行ふつう」なので、ドラゴン育成しても面白いんじゃないでしょうか。 アロイスに関しては「加入時期が遅い」のが最大の欠点で、技能だけならそんなに悪くありません。 バルタザール シンプルに得意技能が多い。 初めからウォーマスターにすると決めているなら剣術理学あたりは無用でしょうが、バトルモンクになりやすいのは強み。 戦技 斧・格闘 特徴的なものだけ解説します。 連打の使い勝手が良好です。 個人スキルのおかげで命中は安定しやすく、必殺さえ高めておけば大体の敵は殴り倒せる。 グラップラー適正も高いでしょう。 全身全霊はごく稀に役立つかも。 魔物有効という点を抜きにしても、威力命中必殺すべてが優れていて強い。 …が、ルナティックだと1発で殴り倒せないことがしばしばあります。 ・ 豪拳 カウンターは敵の攻撃を受けてしまうものの、威力命中が安定しています。 フォートレスで使っていけば強いはず。 ルナの敵兵も魔防は低いことが多く、魔拳なら高ダメージを期待できます。 紅花だとムリ。 サリエルの大鎌とラファイルの宝珠は必須級アイテム。 大鎌はファルコンナイトに与えると強いです。 騎士団はあまりパッとしないかも。 相棒は。 レスター傭兵団を得るには、ラファエルが自学級である必要があります。 幸いラファエルは育成ゼロでもクリアできるので、「とりあえずスカウトだけ」というのも悪くないかと。 相棒は。 セイロス聖騎士団は悪くない性能ですが、絶対欲しいというほどのものでもありません。 速さ高めの盗賊 ルナでは当然すり抜け持ち とドラゴンが多く、クリアがそれなりに面倒。 相棒は。 ティモテはぜひ欲しいので、ハピだけでもスカウトしておくべきです。 フリースカウトなのでこの辺は難しくない。 ヴァジュラはバル兄本人が使っても、に与えてもOK。 スカウト面 アロイスとバルタザールはフリースカウトなので除外します。 フェルディナントのように「支援Bが第二部」ってわけでも無いので、支援Cにしつつ格闘を鍛えればすんなりスカウト成功します。 主人公をアーマーで経験を積ませるのはやや厳しく、アロイス・の教員研修に頼るほかありません。 とはいえ重装Cで習得できる「重さ-3」は主人公にとっても有益であり、攻速調整で役立ちます。 アーマー系or拳闘士系で副官ガードが使えます。 ラファエルはレスター傭兵団獲得のためだけと割り切るのがおすすめ、アロイスも1から鍛えていくには育成チャンスが少ないので微妙。 バルタザールは金鹿以外だと支援が薄いので、他の灰狼キャラをうまく採用していく必要があるでしょう。 メルセデスと併せての外伝もあることですし、育成推奨。 アロイスは緊急の重装ユニットとしてはまぁ使えます。 ルナティックだと早々に使っていくのは厳しいですが。 死神騎士を必殺で倒すこと。 それ以外の3人は特にありません。 ラファエルは単に外伝報酬だけでなく、イグナーツの副官要因としても見込めるのがポイント。 同様にバルタザールもに対する支援相性が良く、本格育成しない場合でも無駄になりません。 アロイスとカスパルは出番薄めでしょう。 まとめ.

次の